コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルデマール4世 バルデマールよんせいValdemar IV, Atterdag

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルデマール4世
バルデマールよんせい
Valdemar IV, Atterdag

[生]1320頃
[没]1375.10.24.
デンマーク王 (在位 1340~75) 。クリストフェル2世の子。2世紀にわたる内紛と外患によって衰弱したデンマークの王となり,新税とドイツ騎士団へのエストニア売却 (46) による財源によって,外国領となっていた国土 (スコーネを除く) を買戻した。貴族,市民,農民に兵役義務を負わせた募兵制度と築城によって軍隊を強化,一連の外交,軍事によってローストック,リューゲン島 (49~50) ,スコーネ (60) ,ゴトランドのビスビュー (61) を領有または占領。これに対し,ハンザ同盟 60都市はスウェーデン,メクレンブルクホルシュタインを誘い,ユトラント (ユラン) の貴族とも結んでバルデマールを攻撃,王は悪戦苦闘の末屈服して,ハンザ諸都市の特権を増大させるシュトラルズント条約を結んだ (70) 。他日を期して不屈の戦いを続け,「他日王」と呼ばれ,デンマークの統一を回復した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バルデマール4世の関連キーワードバルデマー[4世]リューゲン島デンマーク史ホーコン6世マルグレーテビスビュースコーネタリンナルバ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android