コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレニー諸島 バレニーしょとうBalleny Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バレニー諸島
バレニーしょとう
Balleny Islands

南極大陸の太平洋側,ビクトリアランドの北方約 240kmにある火山島群。バレニー海盆上にあり,いずれも厚い氷におおわれた5島から成る。 1839年イギリスの J.バレニーが発見。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バレニー‐しょとう〔‐シヨタウ〕【バレニー諸島】

Balleny Islands》南極大陸のビクトリアランド沖、南極海に浮かぶ諸島。南緯67度、東経163度を中心に、北西から南東にかけて、ヤング島、バックル島、スタージュ島などの火山性の島々が点在する。1839年、英国エンダービー社の捕鯨船の船長ジョン=バレニーにより発見。アデリーペンギン、ヒゲペンギン、ユキドリなどの繁殖地がある。特にサブリナ島は南極環流に位置する海洋性の島であり、南極条約による特別保護地地区に指定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バレニー諸島
ばれにーしょとう
Balleny Islands

南極海の南緯67度、東経163度を中心に、北西から南東にかけて点在する火山性の諸島。1839年2月イギリス人ジョン・バレニーによって発見された。ヤングYoung島、バックルBuckle島、スタージSturge島などの島からなり、ほとんど氷河に覆われ、海岸は急で数回上陸されたにすぎない。バックル島の南約2キロメートルのサブリナSabrina島は環南極性の動植物が生息し、南極条約による特別保護地区となっている。[楠 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バレニー諸島の関連キーワード

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android