コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンツー諸語 バンツーしょごBantu languages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンツー諸語
バンツーしょご
Bantu languages

アフリカ大陸南半の広大な地域にわたって話されている言語群。互いに親縁関係をもつ数多くの言語から成るが,なかでもスワヒリ語は南東海岸からコンゴ南部にかけてのリングア・フランカの役割を果す有力言語である。コンゴ北西部のリンガラ語や,ザンビアマラウイのニャンジャ語もそれに次いで広く用いられる。全般的に,接辞による活用や派生の組織が発達している。従来,それだけで1つの語族をなし,他のアフリカ諸語に対立するとされてきたが,近年 J.グリーンバーグらの研究で,ナイジェリアカメルーンの諸言語と親縁関係を有し (ベヌエ=コンゴ諸語 ) ,さらにニジェール=コルドファン語族の一部をなすことが認められつつある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バンツー‐しょご【バンツー諸語】

Bantu》アフリカの南部一帯で話される同系言語・方言の総称。ニジェール‐コンゴ語族に属し、スワヒリ語などを含む。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

バンツー諸語【バンツーしょご】

バントゥー諸語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

バンツーしょご【バンツー諸語】

アフリカ南部全域に広く分布する言語群の総称。ニジェール-コンゴ語族ベヌエ-コンゴ語派に属し、言語数は五〇〇前後と推定される。主要な言語は、スワヒリ語・ルワンダ語・スクマ語・ソト語・ホサ語など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のバンツー諸語の言及

【バントゥー諸語】より

ニジェール・コンゴ語派の,ベヌエ・コンゴ語群に属する大言語グループ。バンツー諸語ともよばれる。西アフリカのカメルーンから,コンゴ民主共和国,ウガンダ,ケニアを結ぶ線以南の全域に分布している。…

※「バンツー諸語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バンツー諸語の関連キーワードニジェール=コンゴ語派ニジェールコンゴ語族ベヌエ=コンゴ諸語オビンブンドゥ族バンツー語系諸族ムプマランガ州オレンジ自由国アフリカ文学マインホーフルンディ人ツェツェ蠅ズールー語ルワンダ語ニジェールチベンバ語タンザニアモフォロアフリカ吸着音ツチ人

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android