コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーブル・ナーマ バーブル・ナーマBābur Nāma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーブル・ナーマ
Bābur Nāma

チムール (帖木児) の第5代目の子孫で,ムガル帝国創始者であるザヒール・ウッディーン・ムハンマド・バーブル (1483~1530) の自叙伝。 1494年のみずからのフェルガナ太守即位から死の前年にいたるまでの詳細な記録を内容とする。チャガタイ・トルコ語で書かれ,文学としても高い評価が与えられている。人物や情景の描写は直截で的確,文章も簡潔でいきいきとしており,トルコ・イスラム文化の開花を示す傑作と呼ばれるにふさわしい。現在テキストは2種類残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バーブル・ナーマの関連キーワードトルコ文学

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android