コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーン・ジョーンズ Edward Coley Burne‐Jones

世界大百科事典 第2版の解説

バーン・ジョーンズ【Edward Coley Burne‐Jones】

1833‐98
イギリスの画家,装飾家。バーミンガムに生まれ,聖職者になるためオックスフォードのエクセター・カレッジに入り,ここで生涯の友W.モリスに会う。ラスキンラファエル前派に強い影響を受け,1856年画家への転向を決意。ロセッティに私淑し,初期には彼の画風をそのまま受け継ぐが,しだいにマンテーニャボッティチェリ等を手本とし,また中世的なロマン主義に根ざした神話や伝説をテーマとして,夢幻的な独自の世界を築く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

バーン・ジョーンズの関連キーワードビアズリー(Aubrey Vincent Beardsley)ロセッティ(Dante Gabriel Rossetti)モリス(William Morris)ビクトリア・アルバート美術館魔法にかけられるマーリンコフェチュア王と乞食娘アール・ヌーボー欺かれるマーリンケルムスコット版ステンドグラス郡山市立美術館8月28日ラファエルビアズリークレーン水彩画モリス

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android