コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロセッティ ロセッティ Rossetti, Christina Georgina

10件 の用語解説(ロセッティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロセッティ
ロセッティ
Rossetti, Christina Georgina

[生]1830.12.5. ロンドン
[没]1894.12.29. ロンドン
イギリスの女流詩人。ロセッティ兄妹の末妹。処女詩集『妖魔の市』 Goblin Market and Other Poems (1862) でラファエル前派の作風を示し,その後『王子の旅』 Prince's Progress (66) ,『歌の本』 Sing-Song:a Nursery Rhyme Book (72) ,『新作詩集』 New Poems (96) などを発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロセッティ
ロセッティ
Rossetti, Dante Gabriel

[生]1828.5.12. ロンドン
[没]1882.4.9. バーチントンオンシー
イギリスの詩人,画家。ロセッティ兄妹の長兄。イタリア人亡命者 G.ロセッティの子に生れ,美術学校に学んだのち,F.M.ブラウンの指導を受けた。 1848年ラファエル前派の運動を興し,その中心人物として活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロセッティ
ロセッティ
Rossetti, Gabriele Pasquale Giuseppe

[生]1783.2.28. バスト
[没]1854.4.26. ロンドン
イタリアの詩人。 D.G.ロセッティらの父。ナポレオンが擁立したナポリ政府に反対して暴動に加わり,1824年ロンドンに亡命した。ダンテの作品を予言と啓示の書と解する『神曲の分析的解釈』 Commento analitico alla Divina Commedia (全6巻,うち1,2巻は 1825刊) は G.パスコリらに影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロセッティ
ロセッティ
Rossetti, William Michael

[生]1829.9.25. ロンドン
[没]1919.2.5. ロンドン
イギリスの文芸・美術評論家。ロセッティ兄妹の次兄。生涯,税務局の官吏をつとめた。ラファエル前派の一員として機関誌『ジャーム (萌芽) 』 The Germを編集。『現代美術Fine Art,Chiefly Contemporary (1867) ,『キーツ伝』 Life of Keats (87) などのほか,ブレークの詩集の編纂 (74) ,ホイットマンの紹介で知られ,またダンテ『神曲』地獄編の韻文訳がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ロセッティ(Dante Gabriel Rossetti)

[1828~1882]英国の画家・詩人。ラファエル前派の結成に参加。伝説や神話、聖書などに題材をとった作品を多く残した。詩集「歌謡とソネット」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ロセッティ

英国の女性詩人。D.G.ロセッティの妹。《王子の旅》(1866年),《行列》(1881年),《新詩集》(1896年)など。童謡風な幻想詩もあるが,特に宗教詩にすぐれている。

ロセッティ

英国の画家,詩人。イタリアの政治亡命者を父としてロンドンに生まれた。まず画家として知られ,1848年アカデミズムに対抗して芸術の革新を唱えるラファエル前派を結成,機関誌《ジャームThe Germ(萌芽)》を発刊。
→関連項目パトモアバーン・ジョーンズハントフィッツジェラルドホイッスラーミレーモリスロセッティ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ロセッティ【Christina Georgina Rossetti】

1830‐94
イギリスの女流詩人,童謡作家。兄ダンテ・ゲイブリエルとともにラファエル前派に属した。英国国教会の信者で,宗教上の違いから婚約者と別れ一生独身だった。その詩は初期の甘美な詩から,愛の別れ,帰らぬ青春,死をうたい現実の空しさをこえて,永遠の安息を模索する神秘的宗教詩へ高まってゆく。《妖精の市》(1862)は純真な少女の誘惑と信仰の葛藤を描き,このテーマ《王子の行列》(1866)にも生きているが,繊細で哀切な感情の抒情詩こそ,彼女の変わらぬ特質であった。

ロセッティ【Dante Gabriel Rossetti】

1828‐82
イギリスの画家,詩人。ナポリから政治亡命した詩人を父に,ロンドンで生まれる。1845年,ローヤルアカデミースクールに入学。ここで知りあったJ.E.ミレーやW.H.ハントらとともに,48年,芸術革新を唱える〈ラファエル前派〉を結成。その機関誌《ジャームThe Germ》に,詩や散文を発表し,詩人としての活動もはじめた。グループは数年後に離散するが,ラファエル前派の影響を受けて育った,後の世代の中心的人物になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ロセッティ【Dante Gabriel Rossetti】

1828~1882) イギリスの画家・詩人。ラファエル前派の運動を起こし、神話・聖書・ダンテの詩などを主題とする絵を描いた。ブラウニングの詩の挿し絵が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロセッティの関連キーワードロンドン会議ロンドンアイロンドンパープルロンドンブーツロンドン橋落ちたロンドン・マッチどんどんドメルとロンどんどん どんどんロンドンジンロンドンドライジン

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロセッティの関連情報