コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイル Pyle, Howard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パイル
Pyle, Howard

[生]1853.3.5. デラウェア,ウィルミントン
[没]1911.11.9. イタリア,フィレンツェ
アメリカのイラストレーター,画家,童話作家。ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグに学び,世紀末のアール・ヌーボー様式の時期に新聞,雑誌,小説,童話に多くの挿絵を描いた。また,自身で童話を書き,みずから挿絵を描いた絵本を制作した。主要作品 (文,挿絵とも) 『ロビン・フッドの愉快な冒険』 The Merry Adventures of Robin Hood (1883) ,『銀の腕のオットー』 Otto of the Silver Hand (1888) など。

パイル
pile

織物表面をおおう柔らかい立毛,総 (ふさ) ,輪奈 (わな) ,毳 (けば) のこと。また,これらのあるパイル織 (添毛織) をさす。織物の表面に織り立てた毛総を切ったカットパイルと,切らずに輪奈にしたままのアンカットパイルがある。カットパイルにはビロード別珍,シール,アストラカンモケット絨毯などがあり,アンカットパイルではタオルが代表的である。厚地で弾力性があり,保温性,断熱性,吸音性がよく,耐摩耗性などの特色をもち,手ざわりがしなやかである。毛織,絹織,綿織,化繊織物などに利用され,敷物,椅子張地,カーテン,防寒用衣料,儀礼服などのほか,工業用として,断熱材料,フィルタなどに使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

パイル(pile)

織物の表面をおおっている輪奈(わな)や毛羽(けば)。
土木・建築の基礎工事で打ち込む杭(くい)。
原子炉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

パイル【Ernie Pyle】

1900‐45
アメリカのジャーナリスト。優れた戦争報道で著名。本名Ernest Taylor Pyle。インディアナ州のダナの生れ。大学修学中から新聞記者の道に入り,地方新聞をふりだしに転々としたが,現場を駆け回って取材したありのままの報道が認められて,1935年ころからロービング・レポーター(移動報道員)として一流日刊紙のコラムを担当するようになった。第2次大戦が始まると,猛爆下のロンドン,北アフリカ,イタリアおよびノルマンディーの各作戦に従軍,つねに前線の将兵と行動を共にして,リアルな報道を続けた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

パイル【pile】

織物の地組織から突き出て布の表面をおおっている輪奈わなや毛羽けば。タオルの輪奈・ビロードの毛羽など。
原子炉。
土木・建築の基礎工事に地中に打ち込む杭くい。 「コンクリート--」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

パイルの関連キーワードツームストーン・パイルドライバーニードルパンチカーペットタフテッド・カーペット大同コンクリート工業ウィルトンカーペット日本コンクリート工業東海コンクリート工業シフォン・ベルベットタフテッドカーペットタフティングマシンモヘアプラッシュパイルドライバースウェット素材ジャパンパイルマジックテープパイル(織物)日本ヒュームシールスキンコンクリート九度山[町]

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パイルの関連情報