コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パウルス1世 パウルスいっせいPaulus I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パウルス1世
パウルスいっせい
Paulus I

[生]?. ローマ
[没]767.6.28. ローマ
ローマ出身の第93代教皇在位 757~767)。聖人。兄の教皇ステファヌス2世(3世。在位 752~757)のもとで教皇庁の要人となり,757年4月,兄の死去に伴って教皇に選出された。ランゴバルド王デシデリウス(在位 756~774)とビザンチン皇帝コンスタンチヌス5世(在位 741~775)からの敵対的圧力に対抗するため,フランク王ピピン(在位 751~768)と同盟関係を結び,成立間もない教皇領の地位を強化した。また,東方教会によるイコノクラスム(聖像破壊運動)の再開に厳しく抗議し,これによる迫害で追放されたギリシアの修道士をローマに受け入れた。多くの聖遺物カタコンベ(地下墓地)からローマの教会へ運ばせたことでも知られる。祝日は 6月28日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パウルス1世の関連キーワードコンスタンティヌスの定めステファヌス3世(4世)ヨハネス・パウルス2世コンスタンチヌス2世10月17日フィリップス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android