パターンマッチング(英語表記)pattern matching

世界大百科事典 第2版の解説

パターンマッチング【pattern matching】

パターン照合ともいう。入力パターンの中から,指定されたパターンと同じものを探すこと。実用的には記号系列のパターンマッチングと,画像や音声のパターンマッチングに大別される。前者は,文章のような長い記号列から,指定された記号列(通常は短い)を探すことである。たとえば,〈There are apples and oranges.They are sold……〉という文章が入力されているとき,〈th〉を指定すれば,二つの文の最初の〈Th〉を見つける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パターンマッチング
ぱたーんまっちんぐ
pattern matching

記号処理において使われる用語で、データや文字列を検索する際に特定のパターンを検出する手法のこと。プログラミング言語では構造をもったデータどうしのマッチングにも使われる。

 文字列のパターンを記述するための正規表現が決められている。以下に一部を示しておく。

 . (ピリオド)任意の1文字
 *(アスタリスク)直前の文字の任意個の繰り返し(.*と書くと任意の長さの文字列にマッチする)
 [xyz]   [ ]内のどれかの文字(この例ではxかyかz)
 [a-z]   文字範囲の指定(この例では任意のアルファベットの小文字)
 たとえば
 [a-c].*x
はa,b,cのどれかで始まり、xで終わる文字列(abx, b123x, cdxなど)とマッチする。

 Prolog(プロログ)は文字列ではないが、項とよばれる構造のパターンマッチングで呼び出される言語である。大文字で変数を表し、小文字が定数なので
 p(X,z,X)
という項は
 p(a,z,a),p(b,Y,b), p(q(a),z,q(a))
などとマッチする。

[中島秀之 2019年9月17日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android