コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パッシブ運用 ぱっしぶうんようpassive management

知恵蔵の解説

パッシブ運用

アクティブ運用」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

投資信託の用語集の解説

パッシブ運用


投資信託を運用する際、あらかじめ決められた目標であるTOPIXや日経平均株価といった各種指数と同じ運用成果をめざしてシステム的に保守的な運用を行うこと。インデックスファンドがその代表と言える。

出典|(社)投資信託協会投資信託の用語集について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パッシブ運用
パッシブうんよう

アクティブ運用」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パッシブ運用
ぱっしぶうんよう
passive management

日経平均株価や東証株価指数(TOPIX(トピックス))などの株価指数(インデックス)に連動した運用成果を目ざす投資手法。投資信託や年金などの運用手法の一種で、市場での平均的なリターンを追求する。インデックス運用ともよばれる。株価指数を構成している全銘柄を運用対象に組み入れた「完全法」や、時価総額が大きく流動性の高い銘柄を中心に運用する「最適化法」などがある。あらかじめ投資銘柄の選択や組み入れ比率の基準は決められており、変動が生じた際にのみ、機械的あるいは定期的に投資銘柄の入れ替えを行う。このため銘柄の入れ替え回数を抑えることができ、運用専門家(ファンドマネージャー)の詳細な調査や分析も必要ないため経費率が低く、販売手数料や信託報酬を低く抑えることができる。したがって投資家への安定的な利益配分が可能な運用手法とされている。アメリカではニューヨーク・ダウ(ダウ工業株30種平均)、ナスダック総合指数、S&P500種株価指数などに連動して運用する。パッシブ運用を行う代表的商品がインデックスファンド(インデックス投信)や上場投資信託(ETF)である。インデックスファンドは1971年、アメリカでウェルズ・ファーゴ銀行が初めて組成、1975年に大手投資信託会社バンガード社がS&P500種株価指数に連動する投資信託として開発・販売し、その後世界的な人気をよび、日本でも急速に普及した。
 パッシブ運用に対し、市場平均を上回る高い成果を目標とする投資手法をアクティブ運用active managementといい、アクティブ運用の代表的商品がアクティブファンドである。アクティブファンドではファンドマネージャーが独自に調査・分析して厳選した銘柄で運用し、経済動向に応じて頻繁に銘柄を組み替える。このためアクティブファンドの売買手数料や信託報酬はインデックスファンドより高めとなることが多い。[矢野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

パッシブ運用の関連キーワードアクティブファンドトラッキングエラーパッシブファンドアジア債券基金

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パッシブ運用の関連情報