コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パノムルン遺跡 パノムルンいせき

2件 の用語解説(パノムルン遺跡の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

パノムルンいせき【パノムルン遺跡】

タイ東北部のカンボジア国境に近いブリーラム県にある、ピマイ遺跡と並んで代表的なクメール遺跡。標高400mの死火山パノムルン山上に建てられた宮殿の遺跡で、近年、改修工事が行われ、整備された大規模な公園となっている。内部にはクメール様式の寺院があり、入り口正面には有名な「水上で眠るビシュヌ神」のレリーフがある。溶岩が吹き出す山上からはクメール王国の本拠地であったカンボジアを見晴らすことができる。この遺跡の東5kmにムアンタム遺跡ヒンドゥー寺院跡)がある。◇正式名称は「Phanom Rung Historical Park」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パノムルン‐いせき〔‐ヰセキ〕【パノムルン遺跡】

Prasat Hin Phanom Rung》タイ北東部、イサーン地方南部にある遺跡。標高383メートルの小高い丘の上に位置する。クメール朝時代の10世紀半ばに最初の礼拝堂が建立され、13世紀頃にクメール様式の中では同国有数の大規模な寺院になった。中央の本堂は2種類の砂岩を用い、外壁に精緻な浮彫が施されている。1971年から1988年にかけて修復が行われ、遺跡公園として公開された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パノムルン遺跡の関連キーワードカンボジア語タイニンハティエン民主カンボジア国連カンボジア暫定統治機構SNCタイのクアイ族日本のカンボジア支援タイ・カンボジア衝突ノロドム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone