コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パノムルン遺跡 パノムルンいせき

2件 の用語解説(パノムルン遺跡の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

パノムルンいせき【パノムルン遺跡】

タイ東北部のカンボジア国境に近いブリーラム県にある、ピマイ遺跡と並んで代表的なクメール遺跡。標高400mの死火山パノムルン山上に建てられた宮殿の遺跡で、近年、改修工事が行われ、整備された大規模な公園となっている。内部にはクメール様式の寺院があり、入り口正面には有名な「水上で眠るビシュヌ神」のレリーフがある。溶岩が吹き出す山上からはクメール王国の本拠地であったカンボジアを見晴らすことができる。この遺跡の東5kmにムアンタム遺跡ヒンドゥー寺院跡)がある。◇正式名称は「Phanom Rung Historical Park」。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

パノムルン‐いせき〔‐ヰセキ〕【パノムルン遺跡】

Prasat Hin Phanom Rung》タイ北東部、イサーン地方南部にある遺跡。標高383メートルの小高い丘の上に位置する。クメール朝時代の10世紀半ばに最初の礼拝堂が建立され、13世紀頃にクメール様式の中では同国有数の大規模な寺院になった。中央の本堂は2種類の砂岩を用い、外壁に精緻な浮き彫りが施されている。1971年から1988年にかけて修復が行われ、遺跡公園として公開された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone