コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パパ・ママ育休プラス パパ・ママイクキュウプラス

人事労務用語辞典の解説

パパ・ママ育休プラス

「パパ・ママ育休プラス」とは、2009年7月の育児・介護休業法改正によって新設された制度(10年6月30日から施行)で、男性の育児参加を促進する観点から、父親・母親がともに育児休業を取得する場合、特例として休業を取れる期間を延長するというものです。現行の育児休業制度は、子どもを養育する労働者に原則として子どもが1歳に達する日まで休業を取得する権利を付与していますが、パパ・ママ育休プラス制度では、子どもが1歳2ヵ月に達する日まで延長することができます。
(2010/9/6掲載)

出典|『日本の人事部』人事労務用語辞典について | 情報

パパ・ママ育休プラスの関連キーワードイクメン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パパ・ママ育休プラスの関連情報