コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラディウス Palladius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラディウス
Palladius

[生]346頃.ガラチア
[没]431以前
ビザンチンの司教。『ヒストリア・ラウシアカ』 Historia Lausiacaの作者。エジプトとパレスチナの修道士と修道女の理想像を簡易な口語体のギリシア語を使い対話法で記録したもの。初期の修道院生活を知るうえで重要な資料。

パラディウス
Palladius, Rutilius Taurus Aemilianus

4世紀のローマの農学者。みずからの経験と多くの先人の書物とに基づいて,『農事論』 Opus Agriculturae (14巻) を著わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パラディウスの関連キーワードケレスチヌス1世

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android