パリンドローム

栄養・生化学辞典の解説

パリンドローム

 回文構造ともいう.特にDNAの塩基の構造をいう場合が多く,部分的に一方の鎖の5側から読んだ場合とその最後の塩基の対応する部分から反対側の鎖(5側になる)を5側から読んだ場合の塩基配列が同じ場合をいう.例えば図のようなもの.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

パリンドローム(palindrome)

回文2のこと。“Madam,I'm Adam.”など。
[補説]曲名別項。→パリンドローム

パリンドローム【〈ドイツ〉Palindrom】[曲名]

ハイドンの交響曲第47番ト長調の通称。1772年作曲。通称は第3楽章がパリンドローム(回文)構造になっていることに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android