コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリ憲章 パリけんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パリ憲章
パリけんしょう

1990年 11月にパリで開催されたヨーロッパ安全保障協力会議 CSCE首脳会議で調印された憲章。「欧州の対立と分断の時代の終結」と「民主主義,平和,統合の新時代」がうたわれ,冷戦後の欧州秩序の指針を示した。特に,CSCEを欧州新秩序構築に向けた機関と位置づけ,事務局をプラハに,紛争防止センターをウィーンに,自由選挙監視機構をワルシャワに設置,2年ごとの首脳会議,年1度の外相会議の開催,さらに議会の創設など CSCEの常設機構化が盛込まれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のパリ憲章の言及

【ヨーロッパ安全保障協力機構】より

… 80年代前半,ソ連のアフガニスタン侵攻を機に起こったいわゆる〈新冷戦〉のなかで,停滞を余儀なくされていたCSCEが再び脚光をあびたのは,1990年11月19日から3日間パリで開かれた第2回首脳会議においてである。そこでは冷戦の終結が確認されるとともに,人権,民主主義,法の支配,市場経済をヨーロッパ共通の価値とし,統治形態としての民主主義の強化を謳ったパリ憲章が,新しいヨーロッパの秩序原理として採択されたのである。そのために着手されたのが,CSCEの機構化であった。…

※「パリ憲章」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パリ憲章の関連キーワード全欧安保協力会議首脳会議欧州安全保障・協力機構ポスト冷戦OSCE

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android