パルスジェットエンジン(読み)ぱるすじぇっとえんじん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パルスジェットエンジン
ぱるすじぇっとえんじん
pulsejet engine

ダクトエンジンduct engineの一種で、1本の導管(ダクト)とその前端の空気取入れ口、その後側に自動的に開閉する逆止弁(シャッター弁)よりなる簡単な構造のエンジンである。空気はまず取入れ口からエンジンに入り、シャッター弁を開いて燃焼室に導かれ、ここで燃料と混ぜ合わされて爆発的に燃焼しダクトを通って排出され、その反動が推力となる。燃焼室内の圧力はガスの排出によって下がり、新しい空気がシャッター弁を開いて燃焼室内に取り込まれ、燃料と混ぜ合わされ爆発する、といったプロセスがダクトの固有振動数に応じて繰り返される。第二次世界大戦中ドイツ軍が有翼爆弾V1に使用して有名となった。マッハ0.5程度の速度までしか使用できず、騒音が大きいのと燃料消費量が多いという欠点があり、構造が簡単で値段が安いという特長はあるものの、今後実用になることはまずない、と考えられている。[落合一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のパルスジェットエンジンの言及

【ジェットエンジン】より

…ガスタービンで発生させた動力を定常流動している作動流体の運動エネルギーの増加として取り出し,その際流体を加速する力の反力として直接に推力を発生する形式のエンジン。定常流動定圧燃焼ガスタービンの一種であるターボファンエンジン,ターボジェットエンジン,ラムジェットエンジンと,間欠流動定容燃焼ガスタービンの一種であるパルスジェットエンジンに分けられる。広義にはガスタービン系航空エンジンを総称してジェットエンジンということもあり,この場合にはガスタービンで発生した動力を軸動力として取り出し,それによってプロペラを駆動して推力を発生するターボプロップエンジン,ヘリコプターの揚力や推力を発生するローター(回転翼)などを駆動するターボシャフトエンジンを含める。…

※「パルスジェットエンジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android