コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パルチザンスク(英語表記)Partizansk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パルチザンスク
Partizansk

1972年までスチャン Suchan。ロシア南東部,プリモルスキー地方の都市。採炭中心地で,火力発電所がある。ほかに木材加工,食品,機械などの工業が立地する。ウラジオストクの東約 100kmにあり,鉄道で連絡。人口5万 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パルチザンスク【Partizansk】

ロシア連邦南東部,沿海州南部の炭鉱町。スーチャン川の渓谷にあり,ナホトカ北方約70km。人口4万9800(1993)。1972年までスーチャンSuchan。石炭採掘を主産業とし,木材,機械,食品工業がある。鉱山専門学校もある。十月革命後の国内戦のとき,1919年5月に日本を含む外国干渉軍および白衛軍との戦いにはウラジオストクの労働者,鉄道員とともにスーチャン炭鉱の鉱夫が大挙してパルチザン部隊に参加した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パルチザンスク
ぱるちざんすく
Партизанск Partizansk

ロシア東部、沿海地方の鉱業都市。1972年までスチャーンСучан/Suchanと称した。ナホトカ港の北東にあり、人口4万5800(2003推計)。各種の石炭が採掘され、その富鉱化工場や鉱業用機械の修理工場があり、縫製、皮革細工、食料品コンビナート、ビール醸造、精肉コンビナートなどの工業がある。付近の石灰岩洞穴などには考古学的遺跡が多い。[三上正利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例