パルブス

百科事典マイペディア「パルブス」の解説

パルブス

ロシア出身のドイツ社会民主党理論家。本名Israel Lazarevich Helphand。ロシア帝国ベラルーシのユダヤ人家庭に生まれ,1887年ロシアを出てスイスのバーゼル大学に学び,哲学の博士号を受けた。マルクス主義に傾倒,シュツットガルトに移り,ドイツ社会民主党のK.カウツキーの援助でジャーナリストの道に入った。1891年からベルリンに住み,ロシアの飢饉に関する記事で名声を得たが,1893年プロイセン警察からベルリンを離れるよう命じられ,ドイツ各地を転々とした。ベルンシュタイン修正主義を厳しく批判し党内左派から注目を集めている。1898年ミュンヘンに落ち着き,レーニンらロシアの亡命革命家たちと交流,1903年のロシア社会民主労働党の分裂に際してはボリシェビキとメンシェビキの調停につとめたが,自身はレーニンの独裁的なやり方を嫌った。トロツキーとも親しくなり,永久革命論の形成に大きな影響を与えた。1905年のロシア革命に闘志をかきたてられ,ペテルブルグに赴きペテルブルグ・ソビエトのメンバーになるが,逮捕されシベリアに追放された。脱走してドイツ国境を越え,二度とロシアに戻らなかった。1910年にコンスタンティノープルに行き,バルカン諸国を舞台に商取引で巨富を築いた。第1次大戦が始まるとドイツ外務省の招きでドイツに戻り,アドバイザーとして政府・軍部と密接な関係をもち,ロシアとドイツのかつての同志たちから絶縁された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「パルブス」の解説

パルブス
Parvus, Alexander Gelfand

[生]1867.8.27. キエフ
[没]1924.12.12. ベルリン近郊
ドイツおよびロシアのマルクス主義者。 1890年代にロシア社会民主労働党 (のちの共産党) に加入。 1903年の同党の分裂後はメンシェビキ陣営に連なり,05年にはペテルブルグ労働者代表ソビエトの指導者の一人となり,トロツキーとともに「永続革命」の理論を唱えた。その後逮捕されたが釈放され,ドイツに戻って投機によってかなりの産をなした。ドイツでは社会民主党の右派にくみし,第1次世界大戦では帝政ドイツの戦争遂行を支持した。一方,亡命中のレーニンを有名な「封印列車」に乗せてドイツを通ってロシアに帰国させる計画に重要な役割を果した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「パルブス」の解説

パルブス【Alexander Parvus】

1867‐1923
ロシア出身のドイツ社会民主党理論家。本名はヘルファントIsrael Lazarevich Helphand。ロシア西部のユダヤ人家庭の生れ。スイスのバーゼル大学で経済学を学んだのち,ドイツに移り,社会民主党機関誌《ノイエ・ツァイト(新時代)》に精力的に寄稿した。ベルンシュタインの修正主義に対する理論的批判などにより,党内左派理論家として注目された。ロシア亡命革命家たちとの結びつきの中で,彼らとの理論的交流を深めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のパルブスの言及

【トロツキー】より

…しかし同党の分裂ではレーニンの組織論に強く反発し,《われわれの政治的任務》(1904)を書いた。1905年ロシアで革命がおこると,パルブスとともに永久革命論を構築し,国内にもどり,ペテルブルグ・ソビエトの中心的指導者となった。永久革命論は《総括と展望》(1906)に定式化されている。…

※「パルブス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android