パントテン酸(読み)パントテンサン

百科事典マイペディアの解説

パントテン酸【パントテンさん】

ビタミンB複合体の一つで,生体内では多くコエンザイムAの構成成分として存在。欠乏すると,ニワトリでは皮膚炎,脊髄神経の変性,産卵低下,脂肪肝を起こし,ラットでは皮膚炎のほか副腎に損傷を起こす。ヒトの欠乏症はあまり知られていない。腸内細菌によって合成され,その一部が腸から体内に吸収され利用される。酵母,胚芽,豆類,肝臓に多く含まれる。(図)
→関連項目ビタミン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

パントテン酸

 C9H17NO5 (mw219.24).

 ビタミンB5ともいわれた.B群ビタミンの一つ.補酵素Aの構成成分.ヒト血漿の正常値は6μg/dl以上,全血では80μg/dl以上とされる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

毛髪用語集の解説

パントテン酸

ビタミンB5の別称。代謝を助け、エネルギー産生やホルモン、抗体の合成に必要である。「抗ストレスビタミン」とも言われる。単独で摂るより、ビタミンB6・ B12、ビオチン、葉酸、カルシウムと一緒に摂るのが効果的である。

出典 抜け毛・薄毛対策サイト「ふさふさネット」毛髪用語集について 情報

食の医学館の解説

ぱんとてんさん【パントテン酸】

炭水化物や脂質の代謝、ストレスへの抵抗力や免疫の強化、善玉コレステロール増加などの働きがあります。不足すると感染症への抵抗力が落ち、食欲不振やイライラをまねきます。レバー、ニジマス、子持ちカレイ、納豆、鶏もも肉、たらこなどに多く含まれています。成人1日あたりの目安量は男性5mg、女性4~5mg、上限はとくにありません。

出典 小学館食の医学館について 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

パントテンさん【パントテン酸】

水溶性ビタミンのひとつ。糖質脂質たんぱく質の代謝に不可欠な補酵素。食品中に広く分布し、特に乾燥酵母、卵、牛乳、肉類、魚介類、豆類、干ししいたけなどに多く存在する。副腎皮質ホルモンの合成を促し、血糖値を上昇させてエネルギー産生し、アレルギー・ストレス・疲労回復に効果を発揮するほか、善玉コレステロールの増加、動脈硬化・心筋構梗塞の予防などの作用をもつ。◇かつて、「ビタミンB5」とも呼ばれていた。「パントテン酸」(pantothenic acid)は、ギリシア語由来で「広くどこにでもある」の意。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

パントテンさん【パントテン酸】

ビタミン B 複合体の一種。動植物の組織中に微量ながら広く分布し、脂肪酸の酸化・合成、ピルビン酸の酸化などに必要な補酵素の成分となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パントテン酸
ぱんとてんさん
pantothenic acid

水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB複合体を形成する。水溶性ビタミンの大部分は補酵素の成分であり、ビタミンB群も補酵素の成分である。たとえば、リボフラビン(ビタミンB2)はFAD(フラビンアデニンジヌクレオチド=フラビン酵素群の補酵素)の前駆物質である。
 1931年アメリカの生化学者ロジャー・ウィリアムスRoger J. Williams(1893―1988)らは、酵母菌のビオスbiosから酸性物質を分離し、1933年それが単一の酸性物質で酵母菌の成長に必要であることを示し、その物質が生物学的に広く分布しており、「どこにでもある」という意味のギリシア語パントテンに由来して「パントテン酸」と名づけ、1938年ウィリアムスとその共同研究者たちはその分子構造を決定した。パントテン酸は補酵素A(CoA)の構造中に含まれ、アデノシン-3'-リン酸-5'-ピロリン酸のピロリン酸とエステル結合をし、β(ベータ)-メルカプトアミンとアミド結合をしている。パント酸(パントイン酸)とβ-アラニンからなる。健康な人の尿中排泄(はいせつ)量は1日平均3~10ミリグラムとされ、腸内細菌によって合成される。1日要求量は10~20ミリグラムであるが、食物から得られる量以外にその補給を考える必要はない。動物の臓器、とくに肝臓に多く、また卵、豆類、酵母などにも多く含まれている。動物における欠乏では、(1)成長停止、体重減少、(2)皮膚炎、(3)神経系の変性、(4)消化管潰瘍(かいよう)、(5)抗体産生の低下、(6)副腎(ふくじん)皮質機能低下がみられる。症状は動物によって異なり、イヌでは胃腸炎、脂肪肝、胸腺(きょうせん)の変化がみられ、ブタや子ウシでは発育停止と下痢や大腸炎がみられる。[有馬暉勝・有馬太郎・竹内多美代]
 なおパントテン酸は、動植物に広く分布しているので、ヒトにはこの欠乏症はないとされているが、精製された食品の多い食生活ではかならずしも楽観できないという主張もある。アルコール依存症の者では血中のパントテン酸レベルが正常者より高いにもかかわらず、肝臓中のそれは低いことが観察されており、ラットを用いた実験で、エタノールは肝中パントテン酸から補酵素Aへの生合成を低下させていることが明らかにされている。またパントテン酸欠乏になると感染に対する抵抗性が低くなり、免疫能の低下が示唆されている。ヒトにおける欠乏症として、第二次世界大戦中、捕虜に「焼け足症状」を呈する神経症状が報告されている。[木村修一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のパントテン酸の言及

【ビタミン】より

…前者にはビタミンA,D,E,Kなどがあり,脂肪に含まれる必須脂肪酸をビタミンFということもある。後者にはビタミンB1,B2,B6,B12,C,ニコチン酸,パントテン酸,ビオチン,葉酸などがある。
【各種のビタミン】
 以下,主要なビタミンの生理作用,欠乏・過剰症について解説する。…

※「パントテン酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パントテン酸の関連情報