コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒェラン

百科事典マイペディアの解説

ヒェラン

ノルウェーの作家。キーラント,シェランとも。《短編集》の美しい描写で名声を得たが,次第にリアリストに成長し,ノルウェー自然主義の代表作家となる。《ガルマン・ウォルセ商会》《毒》など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒェラン【Alexander Lange Kielland】

1849‐1906
ノルウェー近代文学の代表的小説家。故郷のスタバンゲルで煉瓦工場を経営。30歳で《短編集》を出して認められた。《ガルマン・ウォルセ合弁会社》(1880),《ウォルセ船長》(1882)は実業家社会を描いた傑作。社会制度に潜む偽善を風刺し教会を批判する《労働者たち》(1881),《毒》(1882),《雪》(1886)などのため,議会で詩人年金が否決され,社会問題となった。1891年,故郷の町の市長となって文筆を捨て,1902年には郡長の職に就いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒェラン
ひぇらん
Alexander Lange Kielland
(1849―1906)

ノルウェーの小説家。キエラン、シェランとも。また、かつてはドイツ読みでキーラントともいった。1880年代に活躍した自然主義作家で、キルケゴール、ミル、ハイネなどの影響を強く受ける。ノルウェー有数の商港スタバンゲルの裕福な中産階級の出身であるが、彼の作品には自分の育った階級に対する強い批判の姿勢がうかがわれる。スタバンゲルの商業貴族と貧民との階級的コントラストを痛烈な皮肉で表現し、さらにロマンチックな自然描写を加えた『ガルマンとワーシュ』(1880)、『ワーシュ船長』(1882)などが代表作。そのほか、社会批判の三部作に『結婚』(1883)、『フォルトゥナ』(1884)、『夏至の夜』(1887)がある。91年にはスタバンゲル市長、1902年には州知事を歴任した。[山口卓文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒェランの関連キーワードノルウェー文学2月18日パウルソン

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android