コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒガイ(鰉) ヒガイSarcocheilichthys variegatus

世界大百科事典 第2版の解説

ヒガイ【ヒガイ(鰉) Sarcocheilichthys variegatus】

コイ目コイ科の淡水魚国字の鰉は明治天皇が賞味したのにちなんだといわれる。細長い紡錘形で,やや側扁する。日本特産種で天然の分布は愛知県以西の本州と九州北部であったが,移殖により現在では関東地方の利根川水系,長野県の諏訪湖および東北地方の北上川などにも繁殖している。湖や流れの緩やかな川の砂れき底にすむ。餌は底生の小動物。産卵期は4~6月。繁殖期の雄は,婚姻色と追星(おいぼし)を現し,雌には産卵管を生じ,それをドブガイ,マルドブガイ,イシガイなどの生きた二枚貝の外套(がいとう)腔(左右の外套膜の隙間)にさし込み産卵する習性がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヒガイ(鰉)の言及

【川魚料理】より

…河川,湖沼などにすむ淡水魚を材料とする料理。コイ,フナ,アユ,ウナギ,ドジョウ,ナマズ,モロコ,ハヤ,ワカサギ,ヒガイ,カジカ,ヤマメ,イワナ,マスなどが多く使われる。近世以前,京都が日本の中心であった時代には,その地理的条件からも川魚が珍重された。…

※「ヒガイ(鰉)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒガイ(鰉)の関連キーワード赤目

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android