コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラスガイ カラスガイCristaria plicata

4件 の用語解説(カラスガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラスガイ
カラスガイ
Cristaria plicata

軟体動物門二枚貝綱イシガイ科。殻長 20cm,殻高 12cm,殻径 8cmで,最大個体は殻長 30cmに達する。幼貝ではまっすぐな背縁の上に平たい翼状突起があるが,成長するとなくなる。殻表は黄緑色であるが次第に黒くなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カラスガイ
カラスガイ

イガイ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カラスガイ

メンガイとも。イシガイ科の淡水二枚貝。高さ12cm,長さ20cm,幅6cm。幼貝には背上に平たい板状の突起があり,表面の殻皮は黄緑色。成貝の殻皮は黒く,光沢がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラスガイ
からすがい / 烏貝
mussel
[学]Cristaria plicata

軟体動物門二枚貝綱イシガイ科の二枚貝。淡水産の種で、中国大陸に広く分布し、朝鮮半島を経て日本に及ぶ。各地の池や沼にすむが、霞ヶ浦(かすみがうら)や琵琶(びわ)湖などには通常殻長20センチメートル、殻高12センチメートルぐらいある大形の個体を産し、まれに殻長25センチメートルを超えるものもある。幼貝のときは後背縁にひれ状の突起があり、殻色も黄色いが、成長すると突起は失われ、殻色も黒みを帯びる。殻表は成長線があるだけで滑らかであるが、後背域に低い波形の彫刻がある。内面は真珠光沢が強い。一見淡水産のドブガイAnodonta woodianaに似るが、本種では後背縁にひだがあるのですぐに見分けられる。古代の中国では、この貝の外套膜(がいとうまく)の間に鉛でつくった薄い仏像を入れて真珠層で覆わせ、布教のためなどに用いた。これは近代の真珠養殖のヒントとなったもので、当時すでにその原理が知られていたのは驚異に値する。殻は細工用にされ、肉は一部で食用にされるが泥くさい。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カラスガイの関連情報