コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒシャーム宮殿 ヒシャームキュウデン

2件 の用語解説(ヒシャーム宮殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヒシャーム‐きゅうでん【ヒシャーム宮殿】

Hisham's Palaceパレスチナ地方の都市エリコの北部にある宮殿跡。ウマイヤ朝カリフ、アブドゥル=マリクの冬の離宮として建造されたが、間もなく地震で倒壊。「生命の木」をはじめとする保存状態の良い床面のモザイクが残っている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ヒシャームきゅうでん【ヒシャーム宮殿 Qaṣr Hishām】

ヨルダンのイェリコ北方約2kmにあるウマイヤ朝の城砦風宮殿址(一部未完成)。〈ヒシャーム宮殿〉は通称で,ヒルバ・アルマフジャルKhirba al‐Mafjarとも呼ばれるヒシャームの治世(724‐743)にその甥ワリードWalīd2世によって建造されたと考えられている。1935‐48年の発掘によりその全貌が明らかにされた。遺構は2階建ての宮殿,多柱式モスク,大浴場などから構成されており,とくに舗床モザイク(文様の大半は幾何学文アラベスク),スタッコ(人面,葡萄唐草アカンサスパルメットの高浮彫,等身大のカリフ像,踊り子像の丸彫),石彫,壁画(フレスコテンペラ)など,初期イスラム時代の最も多彩で洗練された建築装飾が重要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒシャーム宮殿の関連キーワードスクーン宮殿ブレナム宮殿マニアル宮殿アゼム宮殿ムラバ宮殿モンタザ宮殿ドイトゥン宮殿プーピン宮殿アガカーン宮殿アクバル宮殿

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone