コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒシャーム宮殿 ヒシャームキュウデン

世界大百科事典 第2版の解説

ヒシャームきゅうでん【ヒシャーム宮殿 Qaṣr Hishām】

ヨルダンのイェリコ北方約2kmにあるウマイヤ朝の城砦風宮殿址(一部未完成)。〈ヒシャーム宮殿〉は通称で,ヒルバ・アルマフジャルKhirba al‐Mafjarとも呼ばれる。ヒシャームの治世(724‐743)にその甥ワリードWalīd2世によって建造されたと考えられている。1935‐48年の発掘によりその全貌が明らかにされた。遺構は2階建ての宮殿,多柱式モスク,大浴場などから構成されており,とくに舗床モザイク(文様の大半は幾何学文とアラベスク),スタッコ(人面,葡萄唐草,アカンサス,パルメット高浮彫,等身大のカリフ像,踊り子像の丸彫),石彫,壁画(フレスコ,テンペラ)など,初期イスラム時代の最も多彩で洗練された建築装飾が重要である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ヒシャーム宮殿の関連キーワードウエストミンスター宮殿騎士団長の宮殿ケンジントン宮殿スクーン宮殿バッキンガム宮殿ハンプトンコート宮殿ブレナム宮殿ホリールード宮殿ホリールードハウス宮殿マニアル宮殿

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android