コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒシャーム宮殿 ヒシャームキュウデン

2件 の用語解説(ヒシャーム宮殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヒシャーム‐きゅうでん【ヒシャーム宮殿】

Hisham's Palaceパレスチナ地方の都市エリコの北部にある宮殿跡。ウマイヤ朝カリフ、アブドゥル=マリクの冬の離宮として建造されたが、間もなく地震で倒壊。「生命の木」をはじめとする保存状態の良い床面のモザイクが残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヒシャームきゅうでん【ヒシャーム宮殿 Qaṣr Hishām】

ヨルダンのイェリコ北方約2kmにあるウマイヤ朝の城砦風宮殿址(一部未完成)。〈ヒシャーム宮殿〉は通称で,ヒルバ・アルマフジャルKhirba al‐Mafjarとも呼ばれるヒシャームの治世(724‐743)にその甥ワリードWalīd2世によって建造されたと考えられている。1935‐48年の発掘によりその全貌が明らかにされた。遺構は2階建ての宮殿,多柱式モスク,大浴場などから構成されており,とくに舗床モザイク(文様の大半は幾何学文アラベスク),スタッコ(人面,葡萄唐草アカンサスパルメットの高浮彫,等身大のカリフ像,踊り子像の丸彫),石彫,壁画(フレスコテンペラ)など,初期イスラム時代の最も多彩で洗練された建築装飾が重要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒシャーム宮殿の関連キーワードエリコジェリコトランスヨルダンヨルダン川イェリコイェリング墳墓群イェーテボリ交響楽団ジェリコ公爵ギュルダンの定理ジョルダンの定理

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone