コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒポエステス ヒポエステス Hypoestes phyllostachya; baby's-tears; flamingo plant; freckle-face; measles plant

2件 の用語解説(ヒポエステスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒポエステス
ヒポエステス
Hypoestes phyllostachya; baby's-tears; flamingo plant; freckle-face; measles plant

キツネノマゴ科の1属名で約 150種が含まれるが,一般にはヒポエステス・フィロスタキアをさす。マダガスカル原産の小低木状多年草。本来の高さは 1mをこえるが,矮性品種もあり,鉢植えで流通する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒポエステス
ひぽえすてす
[学]Hypoestes

キツネノマゴ科ヒポエステス属の総称。常緑多年草または低木。マダガスカルを中心に、アフリカアジアの熱帯、亜熱帯に約150種分布する。フィロスタキア種H. phyllostachya Bak.はマダガスカル原産の多年草で、高さ80センチメートル以上になる。葉は卵形で濃緑色、淡桃赤色の小斑(しょうはん)が密にある。スプラッシュ種cv. Splachは斑がより濃色で、明瞭(めいりょう)である。白色斑の変種もあり、観葉植物として栽培される。アリスタータ種H. aristata R. Br.は南アフリカ原産の多年草で高さ1メートル以上。葉腋(ようえき)または頂部に集散花序をつくり、淡赤紫色花を開く。[高林成年]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒポエステスの関連キーワードジャコビニア狐の孫葉黒草伊勢花火きつねのおきゃくさまきつねのかみさまきつねのでんわボックスキツネノタイマツキツネノマゴキツネノヒマゴ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone