コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒポエステス Hypoestes phyllostachya; baby's-tears; flamingo plant; freckle-face; measles plant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒポエステス
Hypoestes phyllostachya; baby's-tears; flamingo plant; freckle-face; measles plant

キツネノマゴ科の1属名で約 150種が含まれるが,一般にはヒポエステス・フィロスタキアをさす。マダガスカル原産の小低木状多年草。本来の高さは 1mをこえるが,矮性品種もあり,鉢植えで流通する。葉は先のとがった卵形で対生する。濃赤色やピンク,白色などの細かい斑 (まだら) 模様が特徴で,観葉植物として栽培される。紫桃色の筒状花は小さくて目立たず,観賞価値は低い。ときどき摘芯して草姿を整える。十分日に当てると葉色が鮮かになる。冬期は水を控え目にして5℃以上に保つとよい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒポエステス
ひぽえすてす
[学]Hypoestes

キツネノマゴ科ヒポエステス属の総称。常緑多年草または低木。マダガスカルを中心に、アフリカ、アジアの熱帯、亜熱帯に約150種分布する。フィロスタキア種H. phyllostachya Bak.はマダガスカル原産の多年草で、高さ80センチメートル以上になる。葉は卵形で濃緑色、淡桃赤色の小斑(しょうはん)が密にある。スプラッシュ種cv. Splachは斑がより濃色で、明瞭(めいりょう)である。白色斑の変種もあり、観葉植物として栽培される。アリスタータ種H. aristata R. Br.は南アフリカ原産の多年草で高さ1メートル以上。葉腋(ようえき)または頂部に集散花序をつくり、淡赤紫色花を開く。[高林成年]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒポエステスの関連キーワードハイポエステス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android