コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒポエステス ヒポエステスHypoestes phyllostachya; baby's-tears; flamingo plant; freckle-face; measles plant

2件 の用語解説(ヒポエステスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒポエステス
ヒポエステス
Hypoestes phyllostachya; baby's-tears; flamingo plant; freckle-face; measles plant

キツネノマゴ科の1属名で約 150種が含まれるが,一般にはヒポエステス・フィロスタキアをさす。マダガスカル原産の小低木状多年草。本来の高さは 1mをこえるが,矮性品種もあり,鉢植えで流通する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒポエステス
ひぽえすてす
[学]Hypoestes

キツネノマゴ科ヒポエステス属の総称。常緑多年草または低木。マダガスカルを中心に、アフリカアジアの熱帯、亜熱帯に約150種分布する。フィロスタキア種H. phyllostachya Bak.はマダガスカル原産の多年草で、高さ80センチメートル以上になる。葉は卵形で濃緑色、淡桃赤色の小斑(しょうはん)が密にある。スプラッシュ種cv. Splachは斑がより濃色で、明瞭(めいりょう)である。白色斑の変種もあり、観葉植物として栽培される。アリスタータ種H. aristata R. Br.は南アフリカ原産の多年草で高さ1メートル以上。葉腋(ようえき)または頂部に集散花序をつくり、淡赤紫色花を開く。[高林成年]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒポエステスの関連キーワード赤穂浪士一覧倍速ノリウッド映画入湯税脳の本ブーム新宮澤構想『ミシュランガイド 東京 2010』ミシュランガイドミシュランNゲージ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone