コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメイカ(姫烏賊) ヒメイカpygmy cuttlefish

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメイカ【ヒメイカ(姫烏賊) pygmy cuttlefish】

頭足綱ヒメイカ科のイカ(イラスト)。イカ類中最小で,外套(がいとう)長は1.5cmくらい。外套膜は細長い円筒形で後端はまるく,少し前に寄ったところにまるい耳状のひれがある。外套膜背面の後部に粘液を多く分泌する部分があり,ここで海藻や海底そのほかの物に一時的に付着する性質がある。腕の吸盤は2列,触腕は弱い。北海道南部以南の日本各地の内湾などのアマモ帯にすんでいて,夏季に卵を1粒ずつ,地物に粘着させて産みつける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android