コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマモ

4件 の用語解説(アマモの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

アマモ

からだは細長い葉と地下茎からなり,砂泥域に地下茎を伸ばして生育する雌雄同株多年生の草本(種子植物)である。 沿岸域の主要な一次生産者であり,多様な動物の生息場所となる「アマモ場」を形成する。葉は細長く,先端はわずかに尖り,5〜7本の葉脈(維管束)が葉の 先端から基部まで平行に走っている。葉の縁には顕微鏡的な鋸歯は見られない。種子による繁殖と,地下茎から新芽を出す栄養繁殖を行う。花は6月頃に咲く。和名「アマモ」は,地下茎を噛むと甘みを感じることに由来する。また,植物名としては日本一長い,「リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ」という別名を持つ。属名のZosteraは女性名詞で,細長い葉形の特徴を表すギリシャ語のzoster(帯,ベルト)に由来する。種小名「marina」は女性形で,「海中生の,海の」の意味。銚子でみられる他の海産種子植物(海草)としては,スガモエビアマモなどがある。それらは岩礁域に生育し,葉の縁に顕微鏡的な鋸歯が見られる点で,アマモとは区別する事ができる。砂泥域にしばしば優占する海産種子植物のアマモやコアマモな どは,砂泥中に地下茎を伸ばして根をはって体を固着することができる。一方,多くの海藻は石や岩などの基質に付着器や仮根で固着することによって生育して いるため,付着基質の乏しい砂泥域に生育する種類は比較的少ない。緑藻類の子孫である陸上植物が海中に戻ってきたあるいは戻って来ることができた背景に は,上記のように海藻類があまり生育していない場所が存在した,つまりニッチ(生態的地位)が空いていたと考えられる。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
海藻海草標本図鑑について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アマモ

海中の種子植物で、稲に似た細長い緑色の葉が生える。小さな白い花が咲き、米粒大の黒い種子ができる。栄養塩を吸収し、酸素を供給して水質浄化に役立つほか、稚魚や稚貝が集まる。生育には浅場や干潟などが適しており、良質な海辺環境の指標とされる。

(2009-01-28 朝日新聞 朝刊 神奈川全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アマモ【eel‐grass】

全草に海水をそそいでかわかし塩を採ったのでモシオグサ(藻塩草)とも,アジモともいい,また長い葉からリュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシともいう海産顕花植物イラスト)。根茎は浅い海底の砂泥中を横にはい,節から葉だけをつける短枝と,葉および花序をつける長枝とを水中に出す。葉は細く扁平なリボン状,長さ50~100cm,幅3~7mm。花序は葉鞘(ようしよう)に包まれ,扁平な軸の片面だけに,おしべとめしべが交互に並ぶ列が2列つく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマモ
あまも / 甘藻
[学]Zostera marina L.

代表的な海産顕花植物。ヒルムシロ科アマモ亜科、またはアマモ科とされている。別名アジモ、モシオグサ(藻塩草)、リュウグウノオトヒメノモトユイノキレハズシ(竜宮の乙姫の元結の切れはずし)。砂泥質の浅い海底に生え、大きな群落(藻場(もば))をつくる。多年草で、根茎は横にはい、節から短枝を出して葉をつける。葉は細く扁平(へんぺい)なリボン状で長さ0.5~1メートル、幅3~7ミリメートルあり、基部は葉鞘(ようしょう)となる。花期は本州では4~5月。根茎の先端から葉と多数の花序とをつける枝が水中に立ち上がり、水面近くで開花する。花序は葉鞘に包まれ、長さ約10センチメートル、扁平な軸の片面だけに、雄しべと雌しべが交互に並ぶ列が2列つく。軸の裏面には何もない。雄しべは2個の無柄の花粉嚢(のう)(半葯(はんやく))からなる。花粉は糸状で、長さ1~2ミリメートルある特異なものである。雌しべはただ1個の心皮からなり、二またに分かれた細い花柱をもつ。開花時には花柱が葉鞘のすきまから外に出て、ここに糸状花粉が巻き付く。種子は楕円(だえん)形で種皮は硬く、中に胚乳(はいにゅう)はなく、胚軸が肥大して貯蔵器官となっている。根茎に甘味があるので甘藻(あまも)の名がある。世界の北半球の温帯から寒帯に広く分布し、ベーリング海の氷の下にも生えている。
 アマモの群落内にはいろいろなプランクトン、小動物、稚魚、稚貝などがすみ、一種の魚礁としての役割がある。しかし増えすぎると海水が汚れ、かえって漁業の妨げとなることがある。葉の切れ端が波で岸に打ち上げられて大量に堆積(たいせき)することがある。昔、これを集めて肥料としたり、屋根葺(ふ)き材料としたり、クッションの詰め物や敷き藁(わら)として利用する所があった。アメリカ・インディアンのなかには、若芽や葉の基部を野菜のように食べる部族がある。日本では昔、アマモをほかの海藻とともに砂浜に積み上げ、これに何度も海水をかけて乾燥させたのち、焼いてその灰から塩をつくったという。「藻塩(もしお)焼く」とはこのようなことをさすと思われる。
 同属のコアマモZ. japonica Aschers. et Graebn.は湾の奥や川口の干潟(ひがた)など、干潮時には干上がるような浅い海底に群落をつくる。葉は細長く、長さ10~40センチメートル、幅1.5~2ミリメートルである。花序も小さく長さ約2センチメートルで、花序軸の縁に鱗片(りんぺん)状の葯隔(やくかく)付属突起があることがもっとも著しい特徴である。アマモ属は約12種、全世界の寒帯から熱帯まで分布。[山下貴司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアマモの言及

【海】より

…陸の生物が海から移りすむのは,その後のシルル紀である。海の生物の中には,顕花植物のアマモや,哺乳類のクジラ,アザラシ類などのように,陸上で進化したグループが,再び海に生活の場を求めて適応進化したものもいる。
[海の生態学]
 海の生物の生活型は,大きくプランクトンplankton(浮遊生物),ベントスbenthos(底生生物),ネクトンnekton(遊泳生物)の三つに区別される。…

【藻】より

…水中に生えている植物。もともと水生生活をする藻類だけでなく,陸上植物から水生に変わったアマモやキンギョモなどの顕花植物,サンショウモやミズニラなどのシダ植物,マリゴケなどのコケ植物も漠然とまとめて呼ぶ。【堀田 満】。…

※「アマモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アマモの関連情報