コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメカイウ water arum

2件 の用語解説(ヒメカイウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメカイウ【water arum】

北半球の寒冷な地域に分布するサトイモ科の湿地生多年草イラスト)。ミズザゼンともいう。茎は湿地の地表をはうか水面に浮かび,長い葉柄(10~25cm)のある葉を出す。葉柄基部は茎を抱き,葉鞘(ようしよう)部の上部は葉柄から遊離した舌状片となる。葉身は心形から広卵形で,大きなもので長さ10cmあまりになる。夏,葉腋(ようえき)から葉柄よりも長い花茎を出し,白色で卵状の広く開いた長さ10cmほどの苞と,それよりも短い肉穂花序をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメカイウ
ひめかいう / 姫海芋
[学]Calla palustris L.

サトイモ科の多年草。根茎は横にはい、径1~2センチメートル。葉は心臓形で長さ7~14センチメートル、長い葉柄がある。花序は根生する太い花柄上につき、円柱形で長さ1.5~3センチメートル。両性花および頂部に雄性花があり、基部に白色で長さ4~6センチメートルの仏炎包が1個ある。果実は赤色に熟す。水湿地に生え、中部地方以北の本州、北海道、および北半球の温帯に広く分布する。名は、全体がカイウ(英名カラー)に似ているが、より小形であることによる。[邑田 仁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒメカイウの関連キーワード北半球黒鴨里芋鼠海豚アロツナス晨鳧蓮芋浮土アレンの法則(生物学)ベルクマンの法則

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone