コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメノボタン ヒメノボタンHetrocentron elegans; Spanish-shawl

2件 の用語解説(ヒメノボタンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメノボタン
ヒメノボタン
Hetrocentron elegans; Spanish-shawl

ノボタン科多年草ヒメノボタンは正式名ではなく,園芸界で定着した通称である。メキシコグアテマラホンジュラスに分布。茎はしばしば赤色を帯び,卵状披針形の葉が対生する。よく分枝し,各節から根を出しながら匍匐して伸び広がる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメノボタン
ひめのぼたん / 姫野牡丹
[学]Osbeckia chinensis L.

ノボタン科の低木状多年草。大きなもので高さ50センチメートル。全株に剛毛がある。葉は対生し、長楕円(ちょうだえん)形または披針(ひしん)状長楕円形で長さ3~6センチメートル、幅0.8~1.5センチメートル。全縁で先はとがり、基部は無柄で茎を抱く。8~9月、枝先に無柄の紅紫色花を数個密につける。萼(がく)は筒形で長さ5~6ミリメートル。花弁は広倒卵形で長さ1.2~1.5センチメートル、先端に短い突起がある。果実は卵状球形で壺(つぼ)状の萼筒に包まれる。名は、全体がノボタンに似るが、より小形であることによる。低地に生え、紀伊半島以西の本州から沖縄、および中国大陸南部、台湾、インド、マレーシア、オーストラリアに分布する。[古澤潔夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヒメノボタンの言及

【ノボタン】より

…繁殖は挿木で,各枝の先端部を長さ5~10cmに切り,5月ころ挿す。 また近縁属の植物にヒメノボタンOsbeckia chinensis L.がある。これはヒマラヤ,中国から日本南部の原産で,茎は赤みがかった四角形で長く伸び,分岐する。…

※「ヒメノボタン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒメノボタンの関連情報