コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメ ヒメ Aulopus japonicus

2件 の用語解説(ヒメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメ
ヒメ
Aulopus japonicus

ヒメ目ヒメ科の海水魚。全長 20cm内外。体は細長く,背部は張り出す。眼は大きく,吻はややとがる。背鰭は大きく,基底も長い。体は赤灰色で,背側は暗褐色を帯び,体側に赤色斑が並ぶ。胸鰭,腹鰭,尾鰭に赤と黄の縞模様がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメ
ひめ / 比女
aulopus
[学]Aulopus japonicus

硬骨魚綱ヒメ目ヒメ科の1種。ヒメ科魚類は1属10種ほどで、砂泥底の海に生息する。背びれは体の中央よりやや前に位置し、その後方に小さい脂(あぶら)びれがある。胸びれは体側にあり、その下方に腹びれがある。頭部および体側はひれに覆われる。脊椎(せきつい)骨数は41~53個。ヒメ目は最近までハダカイワシ目に含まれていたが、独立した目として認める学者が増えつつある。ヒメは眼径が吻長(ふんちょう)より長い。体色は淡い赤褐色に濃斑(のうはん)が散在する。腹面は銀白色。尾びれは深く二叉(にさ)する。背びれは16~17軟条、臀(しり)びれは9~10軟条。側線鱗(りん)数は40~44個である。底引網で漁獲され、練り製品の原料として利用される。[上野輝彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒメの関連キーワードマエソ海緋鯉神楽鮫糟鮫角鮫奴智鮫鼠鮫虎鮫非売知アカエソ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒメの関連情報