コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメ Aulopus japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメ
Aulopus japonicus

ヒメ目ヒメ科の海水魚。全長 20cm内外。体は細長く,背部は張り出す。眼は大きく,吻はややとがる。背鰭は大きく,基底も長い。体は赤灰色で,背側は暗褐色を帯び,体側に赤色斑が並ぶ。胸鰭,腹鰭,尾鰭に赤と黄の縞模様がある。浅海の砂泥底に多く,底引網で漁獲されて練製品の原料となる。日本各地,フィリピン,ハワイに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメ
ひめ / 比女
aulopus
[学]Aulopus japonicus

硬骨魚綱ヒメ目ヒメ科の1種。ヒメ科魚類は1属10種ほどで、砂泥底の海に生息する。背びれは体の中央よりやや前に位置し、その後方に小さい脂(あぶら)びれがある。胸びれは体側にあり、その下方に腹びれがある。頭部および体側はひれに覆われる。脊椎(せきつい)骨数は41~53個。ヒメ目は最近までハダカイワシ目に含まれていたが、独立した目として認める学者が増えつつある。ヒメは眼径が吻長(ふんちょう)より長い。体色は淡い赤褐色に濃斑(のうはん)が散在する。腹面は銀白色。尾びれは深く二叉(にさ)する。背びれは16~17軟条、臀(しり)びれは9~10軟条。側線鱗(りん)数は40~44個である。底引網で漁獲され、練り製品の原料として利用される。[上野輝彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒメの関連キーワードコガシラボウエンギョミズウオ(水魚)ハリーフデエソナガヅエエソヒメ(比女)ボウエンギョ賀茂建角身命ハダカイワシホタテエソハダカエソヤリエソ科アオメエソフデエソ科デメエソ科ヒカリエソ赤角円棘虫糸葉姫萩ヤリエソジンバーカタカシ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒメの関連情報