コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒルデガルト[ビンゲンの] Hildegard

世界大百科事典 第2版の解説

ヒルデガルト[ビンゲンの]【Hildegard】

1098‐1179
ドイツ最初の女性神秘家。貴族の家柄に生まれ,幼少のころからその宗教的幻視で評判となる。女隠者ユッタJuttaから教育を受け,1114年ころ修道女となり,36年,ビンゲンBingen近郊ルペルツベルク女子修道院の長(マギステル)となる。一説では63年フリードリヒ1世(バルバロッサ)が彼女を修道院長に任じたという。みずから体験した幻視を1141‐51年の間に《スキウィアス(主の道の知識)》として公刊し,教皇エウゲニウス3世の認可を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒルデガルト[ビンゲンの]の関連キーワードヒルデガルト叡空平盛子藤原信隆インノケンチウス3世平氏政権祖庭事苑シトー会シトー会チュニジア

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android