コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビアンコ Bianco, Bartolommeo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビアンコ
Bianco, Bartolommeo

[生]1590
[没]1657
イタリアの建築家。ジェノバのパラッツォ・ドゥラッツォ・パッラビチーニ (1618) やパラッツォ・バルビ・セナレガ (18世紀にコラディによって完成) を手がける。また城塞や港の構築にも従事したが,最もすばらしい作品は当初イエズス会の神学院として造られたジェノバ大学 (1634~38) であり,急な斜面にいくつものテラスを切分けドラマティックな空間を造り出している。彼は R.ルラーゴら 16世紀の建築の影響を深く受けながらも,ジェノバのバロックの質実な特性を確立した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ビアンコ(〈イタリア〉bianco)

白い。白色。また、白ワイン。→ロッソ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ビアンコ【Carlo Bianco】

1795‐1843
イタリアの革命家サルデーニャ王国の貴族の出で軍人となり,1821年,ピエモンテ立憲革命に参加。革命の失敗でスペインに亡命,次いでマルタ島に渡る。30年7月革命の後フランスに移り,マッツィーニに協力して〈青年イタリア〉の中心メンバーとなる。34年のサボイア遠征に失敗してスイス,次にブリュッセルに移り住み,失意と貧困のうちに運河に投身自殺した。イタリアの解放にはゲリラ方式の革命戦争が適していると論じた著書がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ビアンコ【bianco】

白。白い。白色の。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ビアンコの関連キーワードウィリアム ニコルソンオスピッツォベルニーナピッツ・ベルニーナ山マーク フィッシャーバーバラ バブコックジュリアン ルパルーヘリテイジスクエアボンゴレ・ビアンコモン・ブラン[山]ビアンコカラーラビアンコブルイエビット オットーマーク ライリーナガノパープルカンビアーゾブレラ美術館ピノブランスプマンテモスカートモンブラン

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビアンコの関連情報