コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビエニアフスキ

百科事典マイペディアの解説

ビエニアフスキ

ポーランドのバイオリン奏者,作曲家。ビエニャフスキとも。ルブリンに生まれ,8歳でパリ音楽院に入学。ベルギーの名バイオリン奏者J.L.マサール〔1811-1892〕に学ぶ。
→関連項目オイストラフサラサーテ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビエニアフスキ【Henryk Wieniawski】

1835‐80
ポーランドのバイオリン奏者,作曲家。パリ音楽院で学ぶ。パガニーニ以後の世代の主要なバイオリン奏者として,ヨーロッパやロシアで演奏のかたわら教鞭を執った。右ひじの位置を従来より高く保ち,右腕のより自由な運動を可能にしたその運弓法は,ペテルブルグ音楽院での後継者アウアーによって採用され,ロシアの演奏家を中心に20世紀前半の奏法に影響を与えた。その演奏は詩情に富んでいたといわれる。代表作には《バイオリン協奏曲第2番》(1862),《華麗なポロネーズ》(1868)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ビエニアフスキの関連キーワードダヴィッド オイストラフ音楽コンクールマッサールイザイエ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android