コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビエニアフスキ

百科事典マイペディアの解説

ビエニアフスキ

ポーランドのバイオリン奏者,作曲家。ビエニャフスキとも。ルブリンに生まれ,8歳でパリ音楽院に入学。ベルギーの名バイオリン奏者J.L.マサール〔1811-1892〕に学ぶ。パリとペテルブルグにデビュー後,ピアノ奏者の弟とヨーロッパ各地を楽旅し名声を確立。1860年−1871年ペテルブルグの宮廷バイオリン奏者を務め,1874年ビュータンの後任としてブリュッセル音楽院バイオリン教授に就任。右肘(ひじ)の位置を従来より高くしたその運弓法アウアーに継承され,ロシアの演奏家を中心に20世紀前半の奏法に影響を与えた。弟子にイザイエなど。代表作に《バイオリン協奏曲第2番》(1862年)があり,ほかに《モスクワの思い出》《華麗なポロネーズ第2番》などのバイオリン小品が広く親しまれている。その名を冠した〈ビエニアフスキ国際バイオリン・コンクール〉(ポズナニで5年ごとに開催)は,バイオリン奏者の国際舞台への登竜門の一つ。
→関連項目オイストラフサラサーテ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビエニアフスキ【Henryk Wieniawski】

1835‐80
ポーランドのバイオリン奏者,作曲家。パリ音楽院で学ぶ。パガニーニ以後の世代の主要なバイオリン奏者として,ヨーロッパやロシアで演奏のかたわら教鞭を執った。右ひじの位置を従来より高く保ち,右腕のより自由な運動を可能にしたその運弓法は,ペテルブルグ音楽院での後継者アウアーによって採用され,ロシアの演奏家を中心に20世紀前半の奏法に影響を与えた。その演奏は詩情に富んでいたといわれる。代表作には《バイオリン協奏曲第2番》(1862),《華麗なポロネーズ》(1868)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android