コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビエルタン ビエルタンBiertan

2件 の用語解説(ビエルタンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビエルタン
ビエルタン
Biertan

ルーマニア中央部山岳地帯,トランシルバニア地方ムレシュ県の町。 12~13世紀にハンガリー王に招かれて移ってきたドイツ系住民 (ザクセン人) たちによって開かれた町で,15世紀にはこの地方の商業の中心地として栄えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ビエルタン(Biertan)

ルーマニア中央部の村。ドイツ語ビルテルム。13世紀にドイツのザクセン地方からの移住者により建設。14世紀末にオスマン帝国の襲撃に備えて建造された、三重の防壁に守られたゴシック様式の要塞教会があることで知られ、1993年に「ビエルタンとその要塞教会」として世界遺産文化遺産)に登録。同じような教会をもつ南トランシルバニア地方の他の村々とともに、1999年に「トランシルバニア地方の要塞教会のある村落群」の名称で拡張登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone