コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビサオ Bissau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビサオ
Bissau

ギニアビサオ首都。港湾都市。同国中西部,ゲバ川河口北岸に位置。 1687年ポルトガルが要塞を築き,奴隷貿易の基地として建設。 1941年ポルトガル領ギニアの首都となり,1974年の独立とともに首都の地位を継承。木材,ナンキンマメ,ゴム,パーム油,パーム核などの輸出港で,国際空港がある。人口 38万7909(2009)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビサオ
びさお
Bisso

西アフリカ、ギニア・ビサウの首都。同国南西部、大西洋に注ぐゲバ川の河口に位置する。人口27万4000(1999推計)。17世紀末に奴隷貿易の基地として建設され、1869年以来自由港となり、旧ポルトガル領ギニアの中心地として発展した。同国第一の港湾都市で、ラッカセイ、コプラ、パーム油、ゴムなどを輸出する。北西約5キロメートルには国際空港がある。[大林 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ビサオの関連キーワードギニア・カーボベルデ独立アフリカ党西アフリカ諸国経済共同体セネガル川流域開発機構ギニア・ビサウの要覧ビジャゴス諸島カーボベルデポルトガル史ジガンショルカブラルセネガル

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android