コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビジェバノ ビジェバノ Vigevano

3件 の用語解説(ビジェバノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビジェバノ
ビジェバノ
Vigevano

イタリア北部,ロンバルディア州パビア県,ミラノ南西約 30kmにある町。ミラノのスフォルツァ家の狩り場として有名であった。現在は,製靴,織物工業の中心。毎年国際靴見本市が開かれる。 10世紀の大聖堂が残っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビジェバノ(Vigevano)

イタリア北部、ロンバルディア州の都市。14世紀から15世紀にかけて、ミラノのビスコンティ家スフォルツァ家の支配の下で発展。色が黒いために「イルモーロ(黒い人)」と呼ばれたミラノ公ルドビコ=スフォルツァにより、ルネサンス様式の宮殿や広場が建造された。同国における靴の製造の中心地として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビジェバノ
びじぇばの
Vigevano

イタリア北西部、ロンバルディア州パビーア県の都市。人口5万4672(2001国勢調査速報値)。ロンバルディア平原に位置する農産物取引の中心地である。1872年に最初の製靴工場が開設されたのを皮切りに製靴業が発達し、今日ではイタリア最大の中心地となっている。また、16世紀以来の伝統的な繊維工業もみられる。15世紀につくられた長方形のドゥカーレ広場がある。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビジェバノの関連キーワードロンバルディアサンミケーレマッジョーレ教会スピガ通りトラッツォトレメッツォナビリオパビア修道院メナッジオロンバルディア平原ロンバルディア王国

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone