コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビゼウ ビゼウ Viseu

3件 の用語解説(ビゼウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビゼウ
ビゼウ
Viseu

ポルトガル北部,ビゼウ県の県都。ローマ人によってつくられた古都で,農業,交易の中心地。織物業も行われる。 12世紀創建の大聖堂をはじめ歴史建造物が多い。人口2万 589 (1991推計) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビゼウ(Viseu)

ポルトガル中北部の都市。モンテゴ川支流のパビア川に沿う。ダン(ダオン)というワインの産地として有名。旧市街には大聖堂やミゼリコルディア教会をはじめ、歴史的建造物が残っている。16世紀に活躍し「偉大なるバスコ」と呼ばれた画家バスコ=フェルナンデスと、その弟子ガスパー=バスゆかりの地。後にビゼウ派と呼ばれた画家たちの作品を集めた美術館がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビゼウ
びぜう
Viseu

ポルトガル中北部、ベイラ・アルタ県の県都。人口2万1443(2001)。紀元前2世紀には、付近のパイバ川を挟んだ所にローマ軍の駐屯地があった。周辺のブドウを原料とするワイン生産のほか、製陶、籠(かご)製品、レース細工、羊毛による織物業などがみられる。12~16世紀ロマネスク様式の大聖堂、18世紀バロック様式の正面(ファサード)をもつミゼリコルディア教会などが残る。バスコ・フェルナンデスを始祖とするビゼウ派の絵画を収蔵するグラン・バスコ美術館がある。[田辺 裕・柴田匡平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビゼウの関連キーワードマフラモンテゴベイレイリアアマランテラメーゴレイリア城レイリア大聖堂ポルトガルワインポルトガル・ポインターポルト(ポート)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone