ビゼウ(英語表記)Viseu

デジタル大辞泉の解説

ビゼウ(Viseu)

ポルトガル中北部の都市。モンテゴ川支流のパビア川に沿う。ダン(ダオン)というワインの産地として有名。旧市街には大聖堂やミゼリコルディア教会をはじめ、歴史的建造物が残っている。16世紀に活躍し「偉大なるバスコ」と呼ばれた画家バスコ=フェルナンデスと、その弟子ガスパー=バスゆかりの地。後にビゼウ派と呼ばれた画家たちの作品を集めた美術館がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビゼウ
びぜう
Viseu

ポルトガル中北部、ベイラ・アルタ県の県都。人口2万1443(2001)。紀元前2世紀には、付近のパイバ川を挟んだ所にローマ軍の駐屯地があった。周辺のブドウを原料とするワイン生産のほか、製陶、籠(かご)製品、レース細工、羊毛による織物業などがみられる。12~16世紀ロマネスク様式の大聖堂、18世紀バロック様式の正面(ファサード)をもつミゼリコルディア教会などが残る。バスコ・フェルナンデスを始祖とするビゼウ派の絵画を収蔵するグラン・バスコ美術館がある。[田辺 裕・柴田匡平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android