ビタミンL(読み)ビタミンエル(英語表記)vitamin L

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビタミンL
ビタミンエル
vitamin L

ο-アミノ安息香酸の還元によって得られる無色鱗片状結晶。融点 144~146℃,生体内ではキヌレニンから酵素によりつくられ,哺乳動物では催乳作用が認められる。重金属イオンと不溶性キレート化合物をつくるので,Zn,Cd,Co,Ni,Cu,Hg,Pbなどの定性,定量分析試薬として利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ビタミン‐エル【ビタミンL】

〘名〙 水溶性ビタミンの一つ。ウシの肝臓と酵母に多く含まれる。ネズミの催乳因子。L1とL2とがあり、L2は無色の結晶。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android