コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミンL ビタミンエルvitamin L

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビタミンL
ビタミンエル
vitamin L

ο-アミノ安息香酸の還元によって得られる無色鱗片状結晶。融点 144~146℃,生体内ではキヌレニンから酵素によりつくられ,哺乳動物では催乳作用が認められる。重金属イオンと不溶性キレート化合物をつくるので,Zn,Cd,Co,Ni,Cu,Hg,Pbなどの定性,定量分析試薬として利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビタミンLの関連キーワードアントラニル酸中原 和郎ビタミン催乳薬催乳剤

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android