コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビドック ビドック Vidocq, François Eugène

2件 の用語解説(ビドックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビドック
ビドック
Vidocq, François Eugène

[生]1775.7.24. アラス
[没]1857.5.11. パリ
フランスの警察隊隊長,回想記作者。もと兵士。詐欺罪で送られた徒刑監獄から脱獄,パスキエ公のもとでスパイ,次いで解放徒刑囚からなる警察隊の長となる。しばらく工場を経営して破産,警察に戻るが窃盗教唆により再び入獄。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ビドック【François Eugène Vidocq】

1775‐1857
フランスの警察官。窃盗のかどで徒刑に処せられたが脱走,各種の犯罪を重ねるうち逮捕,収監された。やがて同房の囚人の告白を密告,1810年以降,スパイとして警察に協力した。17年パリ警視総監アングレスのもとで犯罪捜査課を創設,初代課長を務めた。犯罪者こそが,もっともよく犯罪者を知りうるとする,古い刑事行政理論を体現して犯罪者の摘発に成果をあげたが,地位を利用して窃盗を働いたために,27年罷免された。その目ざましい活躍と数奇な運命は,バルザックボートラン,ユゴージャン・バルジャンヒントを与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビドックの関連キーワードラバル徒刑囚婦人警察官フランスソワール県警の07年問題奈良県の警官発砲事件震災被災地への警察官の特別出向被災地への警察官特別出向クールテラバショル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone