ビルト

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビルト
びると
Bild

ドイツの大手出版社アクセル・シュプリンガー社(1946年設立、本部ベルリン)が発行する日刊大衆紙(月~土)。1952年創刊。編集本部は2008年にハンブルクからベルリンに移った。センセーショナルで大きな見出しと女性のヌード写真を連日掲載する大衆紙として、ドイツ全土の売店などで広く販売され、読まれている。取り上げる話題は政治から文化まで幅広い。そのセンセーショナルな報道スタイルから、記事はしばしばプライバシー侵害や名誉毀損(きそん)による批判の対象となり、報道評議会からも厳しく指摘されてきた。
 創刊当時の正式名称は『ビルト・ツァイトゥンク』Bild Zeitungであったが、後に『ビルト』となった。ただし、現在でも『ビルト・ツァイトゥンク』とよばれることも多い。ヨーロッパ最大の新聞として、1980年前後には発行部数が550万部を超えていたが、インターネットが普及し始めた1990年代後半から急激に部数が下落。2010年には約290万部にまで落ちている。ビルトはドイツ語で絵、写真、イメージなどを意味する。[伊藤高史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビルトの関連情報