コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビルト ビルト 〈ドイツ〉Bild

3件 の用語解説(ビルトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビルト(〈ドイツ〉Bild)

ドイツの大衆紙の一つ。1952年にハンブルクで創刊。現在の本社はベルリンにある。高級紙の「ベルト」と同系列。部数は約318万部(2009年)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビルト
ビルト

レナーヌス」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビルト
びると
Bild

ドイツの大手出版社アクセル・シュプリンガー社(1946年設立、本部ベルリン)が発行する日刊大衆紙(月~土)。1952年創刊。編集本部は2008年にハンブルクからベルリンに移った。センセーショナルで大きな見出しと女性のヌード写真を連日掲載する大衆紙として、ドイツ全土の売店などで広く販売され、読まれている。取り上げる話題は政治から文化まで幅広い。そのセンセーショナルな報道スタイルから、記事はしばしばプライバシー侵害や名誉毀損(きそん)による批判の対象となり、報道評議会からも厳しく指摘されてきた。
 創刊当時の正式名称は『ビルト・ツァイトゥンク』Bild Zeitungであったが、後に『ビルト』となった。ただし、現在でも『ビルト・ツァイトゥンク』とよばれることも多い。ヨーロッパ最大の新聞として、1980年前後には発行部数が550万部を超えていたが、インターネットが普及し始めた1990年代後半から急激に部数が下落。2010年には約290万部にまで落ちている。ビルトはドイツ語で絵、写真、イメージなどを意味する。[伊藤高史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビルトの関連キーワードウェルト西ドイツ東ドイツハンバーグ統一ドイツドイツ放送連盟南ドイツ新聞ハンブルク交響楽団ハンブルク・バレエ団英大衆紙の盗聴事件

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビルトの関連情報