コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビワガニ(琵琶蟹) ビワガニLyreidus tridentatus

世界大百科事典 第2版の解説

ビワガニ【ビワガニ(琵琶蟹) Lyreidus tridentatus】

十脚目アサヒガニ科の甲殻類(イラスト)。カニ類中でもっとも特異な形態といわれるものの1種。甲長5cm,甲幅2.5cmほどの縦長のカニで,前方が狭い楕円形であるため,日本古来の弦楽器である琵琶を思い起こさせるのでこの名がある。甲面は光沢があり,左右に強く湾曲している。額は小さな三角形で,その左右に前後に出し入れする小さな眼柄(がんぺい)が位置する。甲の側縁中央部に1本の小さなとげがある。前2対の歩脚の指節はとがっているが,第3対目は幅広い板状である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android