コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーカー ビーカー beaker

翻訳|beaker

5件 の用語解説(ビーカーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビーカー(beaker)

化学実験器具の一。平底円筒形で開口部が広く、注ぎ口のある硬質ガラス製の容器。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビーカー

化学実験用の主として液体を入れる容器。普通は薄肉硬質ガラス製,円筒形で,液体を注ぐのに便利なように一方がくちばし形につき出ている。容量1ml程度のミクロビーカーから10l程度のものまである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビーカー【beaker】

理化学実験用の容器の一つ。薄肉の硬質ガラス製で円筒形のものが多い。主として,溶液をつくったり,化学反応,再結晶をさせたりするため,加熱,冷却,かくはん(攪拌),放置などの操作をするために用いる。液体を注ぐのに便利なようにくちばし形の口がついているものが多く,形も使用目的に応じて円錐形のもの,広口のもの,あるいは細長いものなどがある(図)。容量は1~2mlのものから,10l程度のものまである。微量用の小さいものをミクロビーカー,背の高いものをトールビーカー,円錐形のものをコニカルビーカーなどといっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ビーカー【beaker】

円筒形で注ぎ口のあるガラス製容器。化学実験に多く使う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビーカー
びーかー
beaker

化学実験器具の一つ。平底円筒形で開口部が広く、液体の注ぎ口がある容器。液体の分取(ぶんしゅ)、溶液の調製、加熱、冷却、攪拌(かくはん)(かきまぜ)、沈殿生成などの操作を行うのに用いられる。容量数ミリリットルのミクロビーカーから10リットルを超える大形ビーカーがあり、実験の規模に応じて使用する。高さに比べて口径が細いものをトールビーカー、上部に向かって円筒部が細くくびれたものをコニカル(三角)ビーカーとよぶ。一般には薄肉硬質ガラス製のものを使うが、着色ガラス、石英ガラス、磁器、白金、ほうろう鉄器、ポリエチレン、フッ素樹脂などの材質のビーカーが用途に応じて使われる。容量目盛りのつけられたものは目安目盛りであり、測容器としての目盛りではない。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビーカーの関連キーワード空気浴薄肉硬質ガラス試験管リービッヒ冷却器実験水槽落下試験柴田弘中野常次郎ろ座(炉座)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビーカーの関連情報