コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーカー beaker

翻訳|beaker

百科事典マイペディアの解説

ビーカー

化学実験用の主として液体を入れる容器。普通は薄肉硬質ガラス製,円筒形で,液体を注ぐのに便利なように一方がくちばし形につき出ている。容量1ml程度のミクロビーカーから10l程度のものまである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビーカー【beaker】

理化学実験用の容器の一つ。薄肉の硬質ガラス製で円筒形のものが多い。主として,溶液をつくったり,化学反応,再結晶をさせたりするため,加熱,冷却,かくはん(攪拌),放置などの操作をするために用いる。液体を注ぐのに便利なようにくちばし形の口がついているものが多く,形も使用目的に応じて円錐形のもの,広口のもの,あるいは細長いものなどがある(図)。容量は1~2mlのものから,10l程度のものまである。微量用の小さいものをミクロビーカー,背の高いものをトールビーカー,円錐形のものをコニカルビーカーなどといっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ビーカー【beaker】

円筒形で注ぎ口のあるガラス製容器。化学実験に多く使う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビーカー
びーかー
beaker

化学実験器具の一つ。平底円筒形で開口部が広く、液体の注ぎ口がある容器。液体の分取(ぶんしゅ)、溶液の調製、加熱、冷却、攪拌(かくはん)(かきまぜ)、沈殿生成などの操作を行うのに用いられる。容量数ミリリットルのミクロビーカーから10リットルを超える大形ビーカーがあり、実験の規模に応じて使用する。高さに比べて口径が細いものをトールビーカー、上部に向かって円筒部が細くくびれたものをコニカル(三角)ビーカーとよぶ。一般には薄肉硬質ガラス製のものを使うが、着色ガラス、石英ガラス、磁器、白金、ほうろう鉄器、ポリエチレン、フッ素樹脂などの材質のビーカーが用途に応じて使われる。容量目盛りのつけられたものは目安目盛りであり、測容器としての目盛りではない。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビーカーの関連キーワードアップリカ・チルドレンズプロダクツほっとさろん中市・まちのえきジャクリーン ウィルソンベルセーリウスビーカーフィリップスビーカーグリフィンビーカー過マンガン酸塩滴定ニトログリセリンコバルトグリーンベビーカーマークミリャレス遺跡理化学用ガラスバーンチェーンE235系電車子育てタクシー円錐ビーカー化学実験器具UDタクシー母子死傷事故インダス文明

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビーカーの関連情報