コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーバーブルック ビーバーブルックBeaverbrook, William Maxwell Aitken, 1st Baron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビーバーブルック
Beaverbrook, William Maxwell Aitken, 1st Baron

[生]1879.5.25. オンタリオ,メープル
[没]1964.6.9. サリー
カナダ生れのイギリスの政治家,新聞経営者。モントリオール証券取引所時代にセメント株で当て資産をなす。 1910年イギリスに渡って政治生活に入った。 17年男爵に叙せられ,ビーバーブルック卿と称した。第1次世界大戦後『デーリー・エクスプレス』の経営に成功,これを武器にして議会内外で大英帝国の紐帯強化の実現をはかった。 21年『サンデー・エクスプレス』を創刊,さらに『イブニング・スタンダード』を買収するなど,新聞経営者として活躍したほか,第2次世界大戦中はチャーチル内閣の航空生産相,軍需相として功績をあげた。主著"Politicians and the Press" (1925) ,"Resources of the British Empire" (34) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビーバーブルック【William Maxwell Aitken Beaverbrook】

1879‐1964
カナダ生れのイギリスの保守政治家,新聞経営者。投機師として〈金融の手品師〉とよばれるほどの才能を発揮して資産を成す。1910年イギリスに渡って下院議員となり,同じカナダ生れのA.B.ロー私設秘書として政界進出を果たす。保守党議員として活動するかたわら,《デーリー・エクスプレス》(1916),《イブニング・スタンダード》(1923)を買収,また《サンデー・エクスプレス》(1921)を創刊するなど新聞経営に手を染める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビーバーブルック
びーばーぶるっく
1st Baron Beaverbrook
(1879―1964)

イギリスの新聞人、政治家。本名はWilliam Maxwell Aitken。カナダ、オンタリオ州の牧師の家に生まれる。大学入試に失敗して証券取引業者となり、百万長者といわれるようになった。1910年イギリスに渡って下院議員に当選、そのころから『デーリー・エクスプレス』紙の経営に関係、のちにその所有者となり、日曜紙、夕刊紙をも経営した。1917年男爵に叙せられた。第二次世界大戦中は航空機生産相なども務めたが、新聞は宣伝のために発行しているのだと公言したことで有名。英連邦主義を唱える一方、第一次世界大戦中から政界の実力者と親しく交わり、のちにその内幕を『政治家と戦争』(1928~1932)に書いたほか、カナダのニュー・ブランズウィック大学学長を務めるなど、広く国際的にもさまざまな分野で活動した。[伊藤慎一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ビーバーブルックの関連キーワードフレデリクトンマードックケムズリー

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android