コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピアッツァ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピアッツァ
ぴあっつぁ
Michael Joseph Piazza
(1968― )

アメリカのプロ野球選手(右投右打)。大リーグメジャー・リーグ)のロサンゼルス・ドジャース、フロリダ・マーリンズニューヨーク・メッツで捕手としてプレー。独特のスイング右中間方向に打ち込むホームランが特徴で、捕手としては史上最高の強打を誇る。
 9月4日、ペンシルベニア州ノリスタウンで生まれる。マイアミ・デード・コミュニティ短大から1988年、ドラフト62巡目指名を受けてドジャースに入団。一塁手だったアマチュア時代はまったく無名の存在で、捕手というポジションでかろうじてプロ入りに成功、マイナー・リーグで4年間かけて打撃を向上させ、1992年のシーズン終盤に大リーグへ初昇格した。レギュラーとなった1993年、打率3割1分8厘、ホームラン35本、打点112の好成績をあげ、新人王に選ばれた。以降、9年連続して打率3割以上をマークし、2002年までの10年間でホーラムン30本以上9回、打点100以上6回を記録する強打者となった。1995年に野茂英雄(のもひでお)が大リーグでデビューすると、野茂をリードする捕手として日本でもよく知られるようになった。1996年には、故郷ペンシルベニア州フィラデルフィアで開催されたオールスター・ゲームで最優秀選手(MVP)となった。1998年の途中でマーリンズへトレードされたが、1週間後にはメッツへ再トレードとなった。2000年にはチームがワールド・シリーズに進み、ニューヨーク・ヤンキースと対戦したが、勝つことはできなかった。[山下 健]

2003年以降

メッツ移籍後6年目の2003年は、68試合の出場にとどまり、打率2割8分6厘、ホームランはわずかに11本であった。翌04年は129試合に出場したが、キャッチャーとしての出場は50試合のみで、その大部分は一塁手としての出場であった。このころから打撃成績も下降線をたどり、2005年の打率は2割5分1厘。2006年はサンディエゴ・パドレスでプレー、出場126試合のうちキャッチャーとして99試合に出場した。打率2割8分3厘、ホームラン22本と復活の兆しをみせたが、在籍1年でパドレスをはなれ、翌07年はオークランド・アスレチックスでプレーすることとなった。指名打者(DH)として期待された移籍であったためにキャッチャーとしての出場はなく、また故障のために83試合にしか出場できず、打率2割5分5厘、ホームラン8本に終わった。シーズン終了後にFA(フリーエージェント)となったが移籍先が決まらず、2008年に引退を発表した。
 16年間の通算成績は、出場試合1912、安打2127、打率3割8厘、本塁打427、打点1335。獲得したおもなタイトルは、新人王。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のピアッツァの言及

【ベネチア】より

…歴史的にみると,町の政治的・経済的中心はサン・マルコ広場周辺にあり,パラッツォ・ドゥカーレ(総督宮),その私設礼拝堂として生まれたサン・マルコ大聖堂,新・旧行政館,図書館,造幣局などの古い公共的建物が集まっている。〈ヨーロッパで最も美しいサロン〉とナポレオンに絶賛されたこの象徴的な広場だけが,古来,イタリア語で広場を指すピアッツァpiazzaの称号を与えられており,現在もここが観光の最大の中心となっている。一方,経済の中心は今日に至るまで,地理的にもこの町のほぼ真中にあたるリアルトRialto地区にある。…

※「ピアッツァ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピアッツァの関連キーワード誘導尋問ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ薄田宙哉ゼフィリヌス公判自殺関与罪逮捕反対尋問銀行法座散乱木遺跡

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピアッツァの関連情報