コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピウス1世 ピウスいっせいPius I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピウス1世
ピウスいっせい
Pius I

[生]?. アクイレイア
[没]155. ローマ
アクイレイア出身の第10代教皇(在位 142頃~155頃)。聖人。兄弟と伝えられる使徒教父のヘルマスによると,元は奴隷であった。教皇となってからは,物質は悪であり,悪からの解放は天啓の奥義のみによって得られる霊的真理を通じて実現すると説くグノーシス派,グノーシス派の影響がみられるマルキオンが提唱した,特に旧約と新約の神は別であるという教義の異端マルキオン主義者と闘った。144年から150年の間にマルキオンを破門したとされる。殉教は立証されていない。祝日は 7月11日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ピウス1世の関連キーワードピネン大峰ユリホアニケツス回復登記イオン結晶静岡(県)修学旅行専用電車自己株式電話文書偽造罪

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android