コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピウス10世 ピウスじっせい Pius X

2件 の用語解説(ピウス10世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピウス10世
ピウスじっせい
Pius X

[生]1835.6.2. トレビソ
[没]1914.8.20.
教皇 (在位 1903~14) 。聖人。本名 Giuseppe Melchiorre Sarto。パドバで神学を学び,1858年司祭。 84年マントバ司教,93年枢機卿ベネチア総大司教。敬虔な牧者であり,霊的な問題を尊重し学問研究を促進したが,教義に関しては保守的態度を堅持し,1907年回勅で近代主義の 65の命題を退けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

ピウス10世
Pius Ⅺ


1835.6.2 - 1914.8.20
イタリアの聖職者。
元・ローマ教皇
トレヴィーゾのリエーゼ生まれ。
別名ジュゼッペ・メルキオルレ・サルト。
カステルフランコとバードヴァで学び、1858年に叙階し1903年レオ13世の逝去後ローマ教皇となった。司牧、典礼、秘蹟、聖職者教育などの面で重要な改革を行い、教会法の法規改正に着手した。この業績と聖徳に対し、’54年には教皇ピウス12世によって列聖された。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピウス10世の関連キーワード羽田子雲エヌトレビアントレビス三角数トレビゾンド新スター・トレック2 , 4 , 6 ‐トリニトロ‐N-メチルアニリンバートレット,N.ポトレソフ,A.N.

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone