コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピウス10世(読み)ピウスじっせい(英語表記)Pius X

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピウス10世
ピウスじっせい
Pius X

[生]1835.6.2. トレビソ
[没]1914.8.20.
教皇 (在位 1903~14) 。聖人。本名 Giuseppe Melchiorre Sarto。パドバで神学を学び,1858年司祭。 84年マントバ司教,93年枢機卿,ベネチア総大司教。敬虔な牧者であり,霊的な問題を尊重し学問研究を促進したが,教義に関しては保守的態度を堅持し,1907年回勅で近代主義の 65の命題を退けた。教皇職の司る道徳問題から政治を排除してイタリア政府との関係を好転させ,14年第1次世界大戦の勃発を警告した。祝日9月3日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

ピウス10世
Pius Ⅺ


1835.6.2 - 1914.8.20
イタリアの聖職者
元・ローマ教皇。
トレヴィーゾのリエーゼ生まれ。
別名ジュゼッペ・メルキオルレ・サルト。
カステルフランコとバードヴァで学び、1858年に叙階し1903年レオ13世の逝去後ローマ教皇となった。司牧、典礼、秘蹟、聖職者教育などの面で重要な改革を行い、教会法の法規改正に着手した。この業績と聖徳に対し、’54年には教皇ピウス12世によって列聖された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ピウス10世

生年月日:1835年6月2日
教皇(在位1903〜14),聖人
1914年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android