ピウス3世(読み)ピウスさんせい(英語表記)Pius III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1439頃. シエナ
[没]1503.10.18. ローマ
シエナ出身の第215代教皇(在位 1503.9.~10.)。本名 Francesco Todeschini Piccolomini。シエナ大司教を務め,おじの教皇ピウス2世(在位 1458~64)により,1460年に助祭枢機卿(→カーディナル)に任命された。教皇パウルス2世(在位 1464~71)のもと,1471年のレーゲンスブルク帝国議会に教皇大使として派遣された。また,教皇アレクサンデル6世(在位 1492~1503)の親族重用に対して異を唱えた。アレクサンデル6世の死後,その息子チェーザレ・ボルジアは,教皇選挙を支配するため軍隊を率いてバチカン宮殿を包囲した。枢機卿らはローマ市民に守られてミネルバ教会に集まり,1503年9月にピウス3世を選出したが,ピウス3世は登位後わずか数日で死去した。ピウス2世に敬意を表し,シエナ大聖堂に隣接するピッコロミニ図書館を建設した。(→ピッコロミニ家

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android