ピュリスム

デジタル大辞泉の解説

ピュリスム(〈フランス〉purisme)

言語に関して、外来語新語の使用を避け、規範文法を厳格に遵守する傾向。
1910年代末、フランスの画家オザンファン建築家で画家のル=コルビュジェによって興された芸術運動。キュビスムをさらに純化し、装飾性・感情性を排した表現形態を追求した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ピュリスム

1920年前後,ジャンヌレ(後のル・コルビュジエ),オザンファンによって展開されたフランスの機能主義的な造形運動。〈純粋主義〉と訳される。機関誌《エスプリ・ヌーボーL'Esprit Nouveau(新しき精神)》を発刊。キュビスムをさらにおし進め,機械にイメージを求めた普遍的で純粋な造形言語の創造を目ざした。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のピュリスムの言及

【オザンファン】より

…サン・カンタン生れ。初めキュビストとして活躍したがこれに十分満足せず,1918年に画家で建築家のジャンヌレCharles‐Édouard Jeanneret(ル・コルビュジエ)と共に〈ピュリスムpurisme(純粋主義)〉を提唱して,明確な線および形,簡潔な画面構成を強調し,造形言語の純化を企てた。20‐25年,共同で雑誌《エスプリ・ヌーボーL’Esprit Nouveau(新しき精神)》を刊行。…

【ル・コルビュジエ】より

…また,家は〈住むための機械machine à habiter〉であると語り,近代建築理論を導いた。 他方,1917年,画家A.オザンファンと出会い,翌年彼と《キュビスム以後》を著し,装飾に堕したとキュビスムを批判し,機械にイメージを求めて明確・簡潔な抽象造形を目ざす〈ピュリスムpurisme〉を唱える。また20年《エスプリ・ヌーボーL’Esprit Nouveau(新しき精神)》誌を創刊。…

※「ピュリスム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android