ピリミジン塩基(読み)ピリミジンエンキ

化学辞典 第2版「ピリミジン塩基」の解説

ピリミジン塩基
ピリミジンエンキ
pyrimidine base

ピリミジンおよびその誘導体の総称.これらの化合物は塩基としての性質を示す.その種類は非常に多いが,そのうち,シトシンウラシルチミン5-メチルシトシン,および5-ヒドロキシメチルシトシンの5種類は,生体中に核酸塩基部分として存在する.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「ピリミジン塩基」の解説

ピリミジン‐えんき【ピリミジン塩基】

〘名〙 ピリミジンとその誘導体の総称。種類が多いが、生体中では核酸の構成成分として存在する、シトシン、ウラシル、チミンなどがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「ピリミジン塩基」の解説

ピリミジンえんき【ピリミジン塩基 pyrimidine base】

核酸を構成する単位物質で,ピリミジン核を基本骨格とする塩基性物質。生体中では,プリン塩基とともにヌクレオチドとして核酸の構成単位となる。DNA中にはシトシンとチミンが,RNA中にはシトシンとウラシルが含まれる。DNA中で紫外線照射により二量体となり,遺伝子傷害の原因となる。また,核酸中では修飾されたピリミジン塩基も存在し,真核生物遺伝子DNA中の5‐メチルシトシン,T偶数系ファージの5‐ヒドロキシメチルシトシンなどが知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のピリミジン塩基の言及

【核酸】より

…アデニン,グアニンならびにこれらが修飾を受けた塩基は,プリン骨格をもつので,プリン塩基と呼ばれる。一方シトシン,チミン,ウラシルならびにこれらの修飾塩基は,ピリミジン骨格をもつのでピリミジン塩基と呼ばれる。先に示したDNA鎖とRNA鎖の化学構造において,糖とリン酸との間のホスホジエステル結合部位に着目すると,核酸の鎖に方向性のあることがわかる。…

※「ピリミジン塩基」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android