コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピロリジン pyrrolidine

世界大百科事典 第2版の解説

ピロリジン【pyrrolidine】

テトラヒドロピロールに相当する環式第二アミン。刺激臭のある無色の液体。空気中で発煙する。沸点88℃。水と任意の割合でまじり,強塩基性を示す(塩基解離指数pKb=2.7)。タバコやニンジンの葉に存在する。ピロールをニッケル触媒の存在下に水素で還元するのが最も簡便な合成法である。ピペリジンと同様に脂肪族第二アミンの性質を示す。有機合成における基礎的な原料として広く使われているが,とくにピロリジンとケトン類とを縮合させてできるエナミン(1‐ピロリジノ‐1‐シクロヘキセン)は合成化学上きわめて重要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピロリジンの関連キーワードピロリジンアルカロイドテトラヒドロピロール複素環式化合物アルカロイドスピロ化合物プロリンイミン刺激臭ボリジ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android