コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピンク映画 ピンクえいが

2件 の用語解説(ピンク映画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピンク映画
ピンクえいが

大手邦画会社以外の専門プロダクションで製作され,きわどい性描写を売り物にする成人向き中編劇映画オールロケーション,200万~300万円の低予算,短期の製作日数などを特徴とする。第1号は 1960年3月に発表された『肉体の市場』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のピンク映画の言及

【日本映画】より

…映画館数のピークは60年の7457館である。しかし,年間製作本数は61年の535本から62年の375本へ下落し,大手映画会社の製作本数が年々減少するなか,62年から小独立プロによる低予算のセックス映画(いわゆる〈ピンク映画〉)がつくられはじめ,まもなく年間200本ほどに急増して,量的には日本映画の大きな一角を占めるに至った。 1960年代のプログラム・ピクチャーでもっとも大きなものは,日活アクション映画と東映やくざ映画である。…

※「ピンク映画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピンク映画の関連情報