コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピンク映画 ピンクえいが

2件 の用語解説(ピンク映画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピンク映画
ピンクえいが

大手邦画会社以外の専門プロダクションで製作され,きわどい性描写を売り物にする成人向き中編劇映画オールロケーション,200万~300万円の低予算,短期の製作日数などを特徴とする。第1号は 1960年3月に発表された『肉体の市場』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ピンク‐えいが〔‐エイグワ〕【ピンク映画】

性的なことを主題にした成人映画

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のピンク映画の言及

【日本映画】より

…映画館数のピークは60年の7457館である。しかし,年間製作本数は61年の535本から62年の375本へ下落し,大手映画会社の製作本数が年々減少するなか,62年から小独立プロによる低予算のセックス映画(いわゆる〈ピンク映画〉)がつくられはじめ,まもなく年間200本ほどに急増して,量的には日本映画の大きな一角を占めるに至った。 1960年代のプログラム・ピクチャーでもっとも大きなものは,日活アクション映画と東映やくざ映画である。…

※「ピンク映画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピンク映画の関連キーワードプロダクションプロダクションシステム編集プロダクション制作プロダクションイントロダクションマスプロダクションリプロダクションプロダクトイノベーション市川右太衛門プロダクション小学館集英社プロダクション

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピンク映画の関連情報